バルサ、17歳ファティ2発で4-0快勝 ビジャレアル久保は途中出場、“古巣”相手に好機演出

ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】
ビジャレアルMF久保建英【写真:Getty Images】

今季初戦のバルサが圧倒、クーマン新体制で初勝利 久保は後半29分から右サイドハーフでプレー

 ビジャレアルは現地時間27日、敵地カンプ・ノウでのリーガ・エスパニョーラ第3節でバルセロナと対戦し、前半に4点を失う一方的な展開を強いられ0-4と敗れた。開幕から3試合連続のベンチスタートとなった日本代表MF久保建英は、後半29分から途中出場。右サイドハーフに投入されチャンスも作ったが、得点には絡めなかった。

 クラブOBのロナルド・クーマン新監督が就任したバルセロナは、この一戦が今季リーガ初戦。今夏退団騒動に揺れたFWリオネル・メッシも先発に名を連ねたなか、序盤からアタッカー陣が猛威を振るう。

 4-4-2で守備を固めるビジャレアルに対し、序盤からボールを保持して攻撃を仕掛けるバルセロナは前半15分、1本の縦パスで左サイド裏のスペースにDFジョルディ・アルバが進出。ワントラップからマイナスに折り返したところにスタメン出場の17歳FWアンス・ファティが合わせて先制した。

 さらに4分後、カウンターからMFフィリペ・コウチーニョが中央をドリブル突破。相手DFを引きつけながら左サイドにパスを送ると、再びファティがシュートチャンスを迎え、これを冷静に決めて2-0とした。

 その後もバルセロナは攻勢を緩めない。同34分には左サイドを抜けたファティがビジャレアルDFマリオ・ガスパールに引っかけられてPKを獲得し、同35分、これをメッシが決めて3-0。さらに前半終了間際の45分には、左サイドのメッシからのアーリークロスがDFパウ・トーレスのオウンゴールを誘発し、4-0と大量リードで試合を折り返した。

 一方的な展開を受けてビジャレアルのウナイ・エメリ監督は、後半からMFマヌ・トリゲロスとMFビセンテ・イボーラの2人を投入し、システムを4-1-4-1に変更。それでもバルセロナが押し込む展開は変わらない。後半4分にはファティのループパスからメッシが左足ボレーで狙うも、シュートはGKセルヒオ・アセンホの正面をついた。同20分には右サイドをメッシがドリブルで進出。得意のカットインから左足でシュートを狙うも、これもGKに阻まれた。

 攻め手を見出せないビジャレアルは同29分、MFサムエル・チュクウェゼに代えて久保を投入。得意の右サイドハーフでのプレーとなった。同35分には右サイド裏のスペースに飛び出し右足でクロス。バルサGKネトに阻まれたものの、チャンスを演出した。

 同40分には右サイドで起点となり、中央にパスを送って味方のシュートチャンスを導くと、同44分には右サイドをカットインし細かいステップでタイミングを見計らいながら左足を振り抜くと、GKネトを強襲するシュートを放った。

 試合はそのまま終了し、ビジャレアルは0-4で完敗。開幕3試合目で今季初黒星を喫した。一方のバルセロナは、会心の勝利でクーマン新体制初陣で初白星を手にした。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング