カズの偉業は「世界中で記憶される」 J1最年長出場に海外注目「記録のコレクションに…」

横浜FCのFW三浦知良【写真:Getty Images】
横浜FCのFW三浦知良【写真:Getty Images】

23日の川崎戦に先発出場して記録更新 自身にとって13年ぶりのJ1リーグ戦でプレー

 J1横浜FCのカズこと元日本代表FW三浦知良は23日、J1リーグ第18節川崎フロンターレ戦で今季初の先発出場を果たし、53歳6カ月28日で元日本代表FW中山雅史の持つJ1最年長出場記録(45歳2カ月1日)を大幅に更新した。この偉業に海外メディアも注目し、「その価値は世界中で記憶される」と称賛の言葉を送っている。

 カズにとって今季は、2007年以来となるJ1の舞台での戦いとなっている。ここまでリーグ戦での出場の機会はなかったが、川崎戦では元日本代表MF中村俊輔、同MF松井大輔らとともに先発メンバーに名を連ねた。07年12月1日の浦和レッズ戦(1-0)以来、4680日ぶりとなるJ1のピッチに立ち、交代となる後半11分までプレー。チームは2-3で惜敗した。

 世界的に見ても異例の記録に、海外メディアも注目。スペイン紙「マルカ」は「53.5歳のカズヨシ・ミウラがJリーグで先発出場」との見出しで伝え、「その価値は世界中で記憶される」と惜しみない賛辞を送っている。

 また、フランス紙「レキップ」はカズがプロ選手としてのリーグ戦世界最年長ゴール記録を保持していることにも触れ、その偉大さを強調。「長い記録のコレクションに新たな一つを加えた」と伝えていた。

 Jリーグを黎明期から支え、今も日本サッカーの象徴的な存在として活躍する“キング”には、世界からも熱視線が注がれている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング