3位FC東京、2位C大阪に2-0で完勝し2連勝 ブラジル人FWコンビ2発で上位対決制す

先制点を決めて勝利に貢献したFC東京FWディエゴ・オリヴェイラ【写真:高橋学】
先制点を決めて勝利に貢献したFC東京FWディエゴ・オリヴェイラ【写真:高橋学】

首位・川崎“追随”の上位対決はFC東京に軍配、C大阪は2連敗

 J1リーグ3位のFC東京が23日、第18節で2位セレッソ大阪を2-0で下した。前節ベガルタ仙台戦(1-0)に続き、2連勝。勝ち点4差だったC大阪に完勝し、上位対決を制した。2位のC大阪は前節の鹿島アントラーズ戦(1-2)に続く2連敗で首位川崎フロンターレとの差が開いてしまった。

 前半はFC東京がチャンスを作る。試合前から土砂降りとなった味の素スタジアムで、前半3分にFWレアンドロからFWディエゴ・オリヴェイラとつなぎ、左サイドのDF小川諒也が鋭いクロスを入れるも誰も合わせられず。同19分にはMFアルトゥール・シルバの右クロスに反応したD・オリヴェイラが強烈なシュートを放つも、惜しくも枠をとらえられなかった。

 前半を0-0で折り返すと、後半14分に今度はC大阪が決定機を迎える。ゴール前でDF丸橋祐介がシュートを放ち、こぼれ球に反応したFW奥埜博亮も弾丸シュートを打ったがこれはゴールポストに嫌われた。再びこぼれたボールを丸橋が左足シュートで枠内に飛ばすも、GK正面だった。

 試合が動いたのは後半18分。右サイドでスローインからリスタートしたFC東京は一気にカウンターを仕掛け、MF安部柊斗が左のD・オリヴェイラへパスを入れると、ファーサイドへきっちり決めて先制点を掴んだ。リズムに乗ったFC東京はその3分後、小川からDF森重真人とつなぎ、森重が中央に入れると、MF内田宅哉が落としたボールを詰めていたFWアダイウトンが押し込み、追加点を奪った。

 ホームで勝利を収めたFC東京は2連勝、C大阪は手痛い2連敗となった。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング