神戸DF大崎、電撃退任のフィンク監督らへ惜別ショット5枚公開 「歴史を作った」

ヴィッセル神戸DF大崎玲央【写真:井上智博】
ヴィッセル神戸DF大崎玲央【写真:井上智博】

フィンク監督とコーチ3人へ「ダンケ」惜別メッセージ、思い出写真も投稿

 J1ヴィッセル神戸が21日にトルステン・フィンク監督の退任をはじめ、コーチ3人の契約解除を発表した。DF大崎玲央が自身の公式インスタグラムを更新し、「あなたたちは歴史を作った」と感謝の意を示し、5枚の惜別ショットを公開している。

 神戸は「トルステン・フィンク監督の意向を受け9月21日付で退任する事をお知らせ致します。なお、セバスチャンヘッドコーチ及びモラスアシスタントコーチ、ニコラフィジカルコーチは契約解除となります」と公式発表。シーズン中の監督交代はこれで4シーズン連続となった。

 フィンク監督は公式サイト上で「神戸で素晴らしい時間を過ごせました。二つのタイトルという成功を収めることもできました。これは歴史に残ることですし、我々を永遠に結びつけるものです」とコメントを残し、「我々は一つになって大きな目標を達成することもできましたが、私は家族の下に戻るという決断をしました」と明かしている。

 フィンク監督は2019年6月から神戸を率い、チームを立て直してリーグ戦8位でフィニッシュ。天皇杯でチームを優勝に導いてクラブ初タイトルを獲得し、今年の富士ゼロックス・スーパーカップも制していた。

 フィンク監督の下で主力としてプレーした大崎は、インスタグラムで「あなたたちは歴史を作った。それは決して変わらない。皆さんの人生の成功、幸せ、喜びをお祈りします。ダンケ」と感謝のメッセージを送っている。さらに指揮官やコーチ陣との思い出が詰まった惜別ショット5枚も添えた。

 23日のサガン鳥栖戦はマルコス・ビベス・アシスタントコーチが暫定で指揮を執るなか、後任監督は未定となっている。フィンク監督の電撃退任に揺れるなか、選手たちの奮起に期待が懸かる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング