「忍者!!!」「美しいゴール」 橋本拳人、ダイビングヘッドのロシア初ゴールに海外ファン歓喜

ロストフMF橋本拳人【写真提供:FC Rostov】
ロストフMF橋本拳人【写真提供:FC Rostov】

ウファ戦でロストフ移籍後初先発、初ゴールが決勝点となりMOM選出

 ロシア1部ロストフに今夏加入した日本代表MF橋本拳人は、現地時間23日に行われたリーグ第4節のウファ戦に移籍後初先発を果たし、後半34分に豪快なダイビングヘッドを叩き込んだ。この一撃が決勝点となりチームは1-0と勝利。マン・オブ・ザ・マッチに選出された活躍を受けて、クラブ公式SNSのコメント欄には「よくやったサムライ!」「忍者!!!」など海外ファンから祝福の声が届いている。

 今年7月にFC東京から完全移籍した橋本は、8月8日の開幕戦から3試合連続で途中出場。チームが2連敗中のなか、敵地でのウファ戦でスタメン出場のチャンスが巡ってきた。

 大仕事をやってのけたのは、0-0のまま迎えた後半34分だった。右サイドから切り崩しワンタッチでパス交換する速い攻撃のなか、左サイドのMFバクティヤール・ザイヌトディノフがグラウンダーのクロスをゴール前に供給。ニアサイドに走り込んだMFパベル・ママエフがわずかにコースを変えてバウンドしたボールを、ファーサイドにいた橋本がダイビングヘッドで合わせてゴールネットを揺らした。

 初先発の一戦で移籍後初ゴールをマーク。しかもこれが決勝点となり、橋本はマン・オブ・ザ・マッチにも選出された。この活躍を受け、ロストフは公式ツイッターとインスタグラムにゴール動画を投稿。コメント欄には海外ファンから、「美しいゴール」「忍者!!!」「ありがとう、ケント!」「よくやったサムライ!」などの声が上がっていた。

 新天地で大きな一歩を踏み出した橋本。さらなる活躍に期待が集まる。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング