バルサのサイクル終焉? ピケにプレミアからオファー、移籍の可能性をスペイン紙報道

バルセロナのDFジェラール・ピケにプレミアからオファー【写真:Getty Images】
バルセロナのDFジェラール・ピケにプレミアからオファー【写真:Getty Images】

ニューカッスルがすでにオファーを提示し、リバプールの獲得候補にも挙がる

 スペインの強豪バルセロナの同国代表DFジェラール・ピケは、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でバイエルン・ミュンヘンに大敗したことを受け、退団すら受け入れる言動を行ったが、実際の動きもあるとスペイン紙「スポルト」が報じている。

 バルセロナはCLの準決勝でバイエルンに2-8の歴史的な大敗となった。キケ・セティエン監督は解任され、ある種のサイクルが終焉を迎えたという見方もある。最終ラインを支え続けてきたピケもまた「それが求められるなら、出て行くことも厭わない」とコメントするなど追い込まれた状況にある。

 一方で、それは絵空事に終わらない可能性を秘めているという。「スポルト」によると、イングランド・プレミアリーグのニューカッスルはすでにピケ獲得のオファーをバルセロナに対して提示。王者リバプールもクロアチア代表DFデヤン・ロブレンがロシア1部ゼニト・サンクトペテルブルクへ移籍したことで、ピケが獲得候補に挙がっていると伝えられている。

 ピケはバルセロナの下部組織出身であるものの、2004年から08年までプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドでプレーした経験を持つ。骨の髄までバルセロナに染まっているだけに、ライバルのレアル・マドリードが絡むとSNSで挑発的な投稿をして物議を醸すこともあるが、その関係は終わりを告げることになるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング