バイエルン、FWカバーニ獲得へ調査開始と仏メディア報道 インテル、ローマらと争奪戦発展も

来季の去就が注目されているFWエディンソン・カバーニ【写真:Getty Images】
来季の去就が注目されているFWエディンソン・カバーニ【写真:Getty Images】

PSG退団でフリーのウルグアイ代表FWカバーニ獲得へ、ドイツ王者バイエルンが触手

 今季終了後の去就が注目されているストライカーの1人が、フランス王者パリ・サンジェルマン(PSG)のウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニだが、フランスメディア「le10sport」はドイツ王者バイエルン・ミュンヘンが獲得の調査をスタートしたと報じている。

 カバーニは今季限りで契約が満了する状況下で、新型コロナウイルスの影響で延長されたシーズンが終了する8月末までの短期延長オファーを拒否。すでにフリーの状態になっている。

 すでに多くのクラブが獲得に名乗りを上げ、イタリア・セリエAの強豪インテルやローマ、ポルトガルの名門ベンフィカなどがオファーを提示するとされている。そうしたなかで、ドイツの絶対王者バイエルンもまた獲得に向けた調査をスタートしたという。

 バイエルンの前線には今季リーグ得点王(34ゴール)とMVPを獲得したポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキが健在。カバーニが加入して2トップを形成すれば、強烈な破壊力を見せることが想像できる。

 果たして、引く手あまたのストライカーは来季に向けてどのような決断を下すことになるのだろうか。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング