カズ、俊輔ら“ビッグネーム”依存からの脱却へ 横浜FC、0-4大敗に見えた変革への挑戦

昇格1年目の今季、横浜FCは“ビッグネーム”に頼らないメンバーでJ1に挑んでいる【写真:高橋学】
昇格1年目の今季、横浜FCは“ビッグネーム”に頼らないメンバーでJ1に挑んでいる【写真:高橋学】

【識者コラム】横浜FMに0-4大敗、下平監督は才能豊かな若手とベテランの融合を追求

 横浜FCがJ1王者の洗礼を浴びた。

 一昨年まで連覇達成の川崎フロンターレ(1-5)、さらには昨年の覇者横浜F・マリノス(0-4)と、いずれも4点差で完敗した。だがそれでも希望が仄見えたのは、下平隆宏監督が果敢に勝利に挑んだからだ。さらに言えば、同監督が就任してからのクラブは、カズ(三浦知良)を筆頭とするビッグネームの話題性に依拠する体質から脱却し、純粋にチーム力の向上を追求し始めている。

 その結果、おそらく横浜FMとのダービーマッチのピッチには、過去の実績にかかわらず指揮官が見極めたベストメンバーがピッチに立った。スタメン平均年齢は、守護神で40歳の南雄太を除けば25.2歳。将来性豊かな若いタレントとベテランを融合させたイメージで、特に前線とサイドにはスピードやパワーを備えた選手を配し、「果敢にマンツーマンで嵌めに行き」(下平監督)序盤は主導権を握った。開始14分には斉藤 光毅のシュートがバーをかすめたので、もしこれが決まっていれば、もう少し横浜FMの焦りを誘発できたに違いない。

 しかし当然ながら、昨年のJ1王者とJ2準優勝の間には明確な質の違いがあった。

 前節の川崎戦でも残り15分までは1-1と食い下がりながら、そこから4失点を喫したわけだが、ダービーでも「いったん気持ちが落ちると回復できない」(下平監督)弱点を露呈。中盤の攻防では「いい形で奪えればチャンスになるし、入れ替わられればピンチになる」のを承知で果敢さを表現したが、指揮官は「プランはあったが遂行する能力が足りなかった」と振り返る。横浜FMの3枚(マルコス・ジュニオール、喜田拓也、仙頭啓矢)のMFとは精度の違いが浮き彫りになり、序盤は効果的だったサイドからの崩しも、終わってみれば結果に繋げたのは前年王者のほうだった。

 もっとも横浜FCにも、格の違う手札があった。残り15分で交代出場した中村俊輔は長めのキックを3度試みただけだが、サイドチェンジ、スルーパス、それにCKと、申し分のない質を見せつけた。いずれもフリーの状態なので当然ではあるが、スタメンFWと組み合わせればさらに可能性が広がりそうだ。

page1 page2 page3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング