再開間近のリーガ、試合運営に生まれる変化は? 徹底したコロナ感染対策をスペイン紙紹介

リーガ・エスパニョーラが6月11日から再開(写真はイメージです)【写真:Getty Images】
リーガ・エスパニョーラが6月11日から再開(写真はイメージです)【写真:Getty Images】

控え選手はスタンド待機、監督会見はオンラインなどの措置が取られる

 6月11日に再開されるスペインのリーガ・エスパニョーラ。3カ月ぶりにフットボールが返ってくる一方で、新型コロナウイルスの感染拡大前とは全く異なる試合運営となると地元紙「マルカ」が詳しく紹介している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 キックオフ前に行われてきた両チームと審判団との握手は、フィジカル的な接触リスクを減らすため、実施されることはない。コイントスの際には2メートルのソーシャルディスタンスを取り、控え選手はベンチではなくスタンドでマスクと手袋を着用することが義務付けられる。ピッチ内でもゴールセレブレーションは最小限に抑え、レフェリーへの抗議についても2メートル以内に入り込むことが禁じられている。

 選手にとっての義務は試合中だけではない。スタジアムに到着してロッカールームに入る際、そしてハーフタイムを迎えた際に全員がアルコール消毒ジェルを使用する。ハーフタイム中に着替えたユニフォームなどの衣類は特定の消毒エリアに固め、シャワーの使用にも制限が掛かる。また試合後の監督会見もオンライン取材となり、取材用のミックスゾーンも設けられることはないという。

 そのほかにもウォーミングアップがアウェーチーム、ホームチーム、審判団の順番で行われ、その時点ではマスクと手袋の着用が必須となる。そしてロッカールームやピッチの入り口は緑、記者室などが青、駐車場などのアクセスエリアが赤と色で厳格にゾーン分けするなど、徹底した感染対策が取られることになるとしている。

 これまでの日常からは全く想像できないなかで行われるフットボール。セビージャとベティスのアンダルシアダービーから再開する戦いは実際、どのような光景となるのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  4. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 元日本代表FW李忠成、1000万円級の高級スーパーカー披露 「車はテンション上がる」

  9. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  10. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ