イニエスタ、同僚・酒井も新型コロナ陽性で懸命な訴え 「責任を持った行動をする時」

ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ【写真:高橋学】
ヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ【写真:高橋学】

公式ツイッターを通してメッセージを発表

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表で主将のMFアンドレス・イニエスタが自身の公式ツイッターを更新した。チームメートの元日本代表DF酒井高徳や、トップチーム関係者の2人が新型コロナウイルスに感染しているなか、主将として、ファンや日本中の人々に向けて全力で訴えた。

 バルセロナのレジェンド・イニエスタは、ロシア・ワールドカップ後の2018年夏に神戸へ加入。背番号8を付けて、昨季はリーグ23試合6得点した。Jリーグのスターとして注目を浴び、今季はAFCチャンピオンズリーグ(ACL)にも出場し、アジアのファンを楽しませている。

 だが、現在は新型コロナウイルスの感染拡大を受け、Jリーグは中断中。そんななか、酒井が新型コロナウイルス陽性を診断され、神戸からは連日トップチーム関係者の感染も発表されている。練習場が封鎖されるなど、苦しい状況ではあるが、主将のイニエスタは公式ツイッターを通してコメントを投稿した。

「ご存じの通り、今回のCOVID-19を取り巻く状況は、全ての方々に影響を与えています。ヴィッセル神戸、そして、この素晴らしい『家族』を支えてくれている皆様も例外ではありません。キャプテンとして、この病気の影響を直接受けた選手、スタッフ、そして不眠不休でこの状況を改善すべく日々取り組む社員を全力で応援します」

 そして、日本中のファンに向けて“自粛”するよう健康を考えるべきだとの考えを投稿。特に関西ではスポーツ界でも感染者が増大しており、これ以上感染を拡大させないためにも、「責任を持った行動をする時」を訴えた。

「ファンの方々へ:あんたたたちと共に喜び、愛するスポーツを楽しめる日が来ることを強く願っています。しかし今は注意を払い、責任を持った行動をする時です。体に気を付けて注意喚起に従ってください。今こそ、これまで以上に一致団結しましょう! バモス ヴィッセル!!」

 ファンからは「涙が出ます」「勇気が出ました。ありがとうございます」「アンドレスが我が神戸の家族である事に改めて感動しています」など、感謝の声が上げられた。世界的なスター・イニエスタも一刻も早く収束することを願っている。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング