宇佐美貴史、テクニシャン小野&乾の“宿題”に挑戦! 驚異トラップ成功で日本代表DF驚嘆

ガンバ大阪FW宇佐美貴史【写真:高橋学】
ガンバ大阪FW宇佐美貴史【写真:高橋学】

乾貴士と小野伸二がSNSに投稿したスキルに宇佐美が挑戦

 ガンバ大阪FW宇佐美貴史が1日、公式インスタグラムを更新した。スペイン1部エイバルの日本代表MF乾貴士と、琉球FCの元日本代表MF小野伸二がSNSを通して見せたスキルに挑戦。日本サッカー界を代表するテクニシャンの2人の技にチャレンジし、「ボール蹴るってやっぱ楽しいなー」と喜んでいる。

 宇佐美はG大阪の下部組織出身で、ユース所属の高校2年生時にトップへ昇格。“G大阪の至宝”と呼ばれ、持ち前の技術の高さで19歳の時にドイツの強豪バイエルンへ移籍した。ホッフェンハイムへの期限付き移籍を経て、2013年にG大阪へ復帰。16年途中でドイツ1部アウクスブルク、デュッセルドルフでもプレーし、昨夏に再びG大阪へ戻ってきた。

 昨季は半年で14試合7得点。今季は2月に行われた横浜F・マリノスとの開幕戦(2-1)では白星スタートに貢献していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、現在リーグ戦は中断を余儀なくされており、再開も不透明となっている。

 そんななか、自宅でできるテクニックやトレーニング動画を世界中の選手やクラブが積極的にSNSに投稿。乾や小野も連日、高い技術を公開している。

 乾は、リフティングの技を何パターンも動画で投稿し、“宿題”としてファンなどからのチャレンジを心待ちしている。一方で小野は解説動画の中で自身の技術を伝授。2人とも惜しみなく自身が築いてきたテクニックを披露している。

 その2人の動画を参考に、宇佐美も挑戦。「ボール蹴るってやっぱ楽しいなー お二方のテクニックにチャレンジしたやつです!楽しかったです」と報告するも、「乾さんの他のリフティング動画はめちゃ難しそうなのでトライすらしてません。笑 もう少し簡単なの載せなさい。笑」と、“ツッコミ”もしている。乾のテクニックは、連続でボールの周囲に脚を回してリフティングするもの。乾は4回で、宇佐美のチャレンジも4回だった。

 一方の小野の動画は高い位置から自身でボールを強く投げつけ、ピタっとトラップする技術を解説するもの。これも宇佐美は見事成功させている。宇佐美の“アンサー動画”に浦和レッズの日本代表DF槙野智章も「めっちゃ上手いなぁ!俺もやってみよ」と返信し、宇佐美は「むずいよ。笑」と、軽快なやり取りを見せた。ファンからは「小野伸二さんのやつ、マネしてる動画いろいろ見た中で一番上手い!」「すっご〜い」「心からサッカーうますぎ」「2個目すげえ!!」など驚きの声が上がっている。

 日本屈指のテクニシャンたちの技術が結集した動画だけに反響は大きいようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング