南野は「ザルツブルクに戻すべきだった」 リバプールの“判断ミス”を英指摘「問題点は…」

リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】
リバプールMF南野拓実【写真:Getty Images】

新天地リバプールで出番の限られている南野 「機関車に飛び乗ることに苦労」

 リバプールは現地時間3日、FAカップ5回戦でチェルシーと対戦し、0-2で敗れた。日本代表MF南野拓実は先発フル出場を果たしたが、不発に終わった。移籍後は公式戦6試合の出場にとどまっており、いまだノーゴールノーアシストとなっているなか、英サッカー情報サイトは「リバプールは今季終了後までローン移籍で南野をザルツブルクに戻すべきだった」と見出しを打って取り上げている。

 リバプールは2月29日に行われたプレミアリーグ第28節ワトフォード戦で0-3と衝撃の完敗。中2日で迎えたチェルシー戦では主力のおよそ半数を休ませ、3トップの最前線に南野を配置した。0-1で迎えた前半20分、右サイドからのクロスをゴール前で受けた南野は絶好の機会を得たが、相手DFに阻まれ打ち切れず、初ゴールとはならなかった。

 南野にとっては移籍後初のフル出場となったが、公式戦6試合出場でノーゴールノーアシストと結果を残せていない。英サッカー情報サイト「THE BOOT ROOM」は「リバプールは今季終了後までローン移籍で南野をザルツブルクに戻すべきだった」と見出しを打ち、今冬に獲得した際、そのまま今季終了後までザルツブルクにとどまらせてプレーさせるべきだったと主張している。

「南野が現在、新たなチームに適応するのに苦しんでいるのは確かなようだ。提示すべき問題点は、リバプールは今季終了後までローン移籍の形で彼を止まらせた方が良かったのではないかということだ。ザルツブルク側は間違いなく快く受け入れ、夏に連れ戻せた。今は、エンジンを搭載した機関車に飛び乗ることに苦労している」

 記事では、現在は公式戦連敗を喫しているものの、今季プレミアリーグを独走する圧倒的な強さを誇示するリバプールへの適応は「困難な仕事」と表現し、「リバプールは南野を加えるタイミングをより慎重に考慮するべきだった。南野にとって今季終了後までオーストリアにとどまることが好材料であるのは明らかだった」と主張していた。

 今のリバプールは世界屈指の破壊力を誇るエジプト代表FWモハメド・サラー、ブラジル代表FWロベルト・フィルミーノ、セネガル代表FWサディオ・マネの3トップが不動の地位を築いていることに加え、中盤もハイレベルなポジション争いが繰り広げられている。南野にとっては、今後も厳しい戦いが待ち受けていることは間違いないだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング