「欠点? そんなもの一つもない」 C・ロナウドが自己評価「私はインテリジェント」

ユベントスのC・ロナウドが自身のキャリアについて言及【写真:Getty Images】
ユベントスのC・ロナウドが自身のキャリアについて言及【写真:Getty Images】

自身のキャリアについて伊メディアで言及 「ただただ、勝つことが好きなんだ」

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、昨夏の加入から18カ月が経過したユベントスでの時間を振り返り、トリノに到着した日やセリエAで優勝した時の心境などを語ったと、スペイン紙「AS」が報じている。

 レアルで年間平均50ゴールという驚異的なペースで得点を量産してきたロナウド。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)4度制覇に貢献するなど、圧倒的な勝負強さで世界中のファンを虜にしてきた。そんな不動のエースとして君臨したスーパースターが2018年夏、新たなチャレンジを求めてイタリアに渡った。

「DAZN」イタリア版のインタビューに応じたロナウドは、トリノの地に来た時のことを聞かれると「お披露目された日のことをよく覚えている。ファン、私の家族や友人に囲まれていて素晴らしかった」と述べ、「カルチャーや歴史、クラブにつながるすべてのことが大好きだ。(ユベントスは)イタリア最高のクラブ。ここにいられて心から幸せだし、トロフィーを掲げたくてたまらない。イタリアでの文化や生活の仕方もとても気に入っている」と、新天地での生活に満足しているようだった。

 セリエA初シーズンは31試合で21ゴールを決め、チームのリーグ8連覇に貢献。自身初のスクデットを獲得したことについては、「私の母があの夜、スタジアムにいた。本当に特別だった。3つのヨーロッパの主要リーグでタイトルを手にした史上初めての選手となったんだ。それがチャンピオンズリーグのものだろうと、セリエA、ネーションズリーグのものだろうと、トロフィーはトロフィーだ。ただただ、勝つことが好きなんだよ」と話している。

 ユベントスのレジェンドである元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンとの関係について質問されると、「ポジティブな気持ちで満たされていて、機嫌も良く、ブッフォンに会う時はいつも素晴らしい男だと思っていた。穏やかで寛容で、毎日そうなんだ。彼は本当に素晴らしい人間だ」と語った。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング