トッテナムGK、PK献上の“野蛮な突進”を英メディア糾弾 元英代表DFも「暴行」と非難

トットナムGKパウロ・ガッサニーガ【写真:Getty Images】
トットナムGKパウロ・ガッサニーガ【写真:Getty Images】

GKガッサニーガ、チームメイトも困惑の危険プレーでPKを与える

 トットナムは現地時間22日、プレミアリーグ第18節チェルシー戦で0-2の敗戦を喫した。この試合で2失点目につながるPKを献上したGKパウロ・ガッサニーガのプレーが、「野蛮な突進」と現地メディアから非難されている。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 トットナムのジョゼ・モウリーニョ監督とチェルシーのフランク・ランパード監督による“師弟対決”が注目された一戦は、前半2分にチェルシーのブラジル代表MFウィリアンがミドルシュートを突き刺して先制。開始早々にチェルシーが優位に立つ展開となった。

 そして、前半アディショナルタイムに問題のシーンが生まれる。スルーパスに抜け出したチェルシーのスペイン代表DFマルコス・アロンソに、ガッサニーガは飛び出して対応。ガッサニーガが一歩先にボールに到達するかに思われたが、焦りからか右足を高く上げて繰り出したキックは空振り。あわやアロンソの顔面にヒットするかという危険なプレーとなり、空中で衝突する結果となっている。VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)による判断の結果、チェルシーにPKが与えられた。

 英メディア「GIVE ME SPORT」は「パウロ・ガッサニーガがマルコス・アロンソへの“野蛮な突進”でPK献上」と見出しを打ち、重大なアクシデントにもなり得た危険なプレーに注目。「ガッサニーガは頭に血が上り、アロンソを空中で捉えてPKを与えた」として、ピンチで冷静さを失ったガッサニーガを糾弾している。

 また、英紙「デイリー・メール」は「トットナムの(コートジボワール代表)DFセルジュ・オーリエは、なぜガッサニーガがあのようなタックルを繰り出したのか困惑していた」と伝えており、チームメイトも驚きを隠せなかったようだ。同紙によると、英衛星放送「スカイ・スポーツ」の解説者を務める元イングランド代表ギャリー・ネビル氏はガッサニーガのタックルを「暴行」と表現していたという。

 今回の敗戦により、リーグ戦での連勝が「2」でストップしたトットナム。正GKのフランス代表GKウーゴ・ロリスが負傷離脱中ということもあり、ガッサニーガとしては次節以降の活躍で信頼を取り戻したいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 迷彩→シンプルに? 日本代表ユニフォーム、カタールW杯着用デザインを海外メディアがリーク「本物ならかなりかっこいい」

  2. 「日本のファン絶賛」 森保ジャパン、カタールW杯仕様「斜めストライプ」デザインの新ユニ流出に韓国反響「かなり気に入っている」

  3. 日本選手が「あわや大怪我」 中国の“ラフプレー”に韓国メディア指摘「格闘技を彷彿」

  4. 「現行モデルより全然いい」 日本代表の新ユニフォーム流出デザインを海外絶賛、“黄色背番号”復活シャツが反響

  5. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  6. 「今世紀最悪のシャツ」 ブラジル代表の新ユニフォーム流出、ヒョウ柄デザインに不評の声「醜い」「失望した」

  7. 「なんだこれは」 ナイジェリア代表の新ユニフォーム、手描きパターンの“奇抜”流出デザインに海外騒然「冗談でしょ」

  8. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  9. 「谷口が俳優ぐらいレベチ」 吉田、伊東、三笘、田中…森保ジャパン11人、英国製スーツの着こなしが話題「碧くん就活生っぽい」

  10. 「サッカーの試合前に火山が噴火」 J3リーグ“衝撃の光景”に海外驚き、スタジアム背後から黒煙「まるで映画のよう」