バルサ、後半3失点で格下に逆転負け 地元紙が辛辣な“選手採点”…ワースト評価は?

レバンテに逆転負けしたバルセロナの選手たちには厳しい評価が与えられた【写真:AP】
レバンテに逆転負けしたバルセロナの選手たちには厳しい評価が与えられた【写真:AP】

レバンテ戦でメッシが先制PKも…後半にまさかの3失点

 バルセロナは現地時間2日にリーガ・エスパニョーラ第12節でレバンテと対戦し、1-3の逆転負けを喫した。地元メディア「スポルト」紙はバルサイレブンに辛辣な評価を下している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 リーガ首位を走るバルセロナは前半38分にDFネルソン・セメドが倒されて得たPKをアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが沈めて先制したが、後半にまさかの3失点。後半16分にFWホセ・カンパーニャ、同18分にFWボルハ・マジョラルに連続ゴールを許すと、同23分にMFネマニャ・ラドヤにダメ押しゴールも決められて、守備陣崩壊で敗北した。

 スペイン紙「スポルト」ではバルセロナの選手採点が公開された。得点を決めたメッシ、PK奪取のセメドには及第点と言える「6点」がつけられるも、それ以外の選手は5点以下の低評価が並んだ。

 特に守備陣には辛辣な評価だ。これまでにビッグセーブでチームを救ってきた守護神のドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンは「5点」で、寸評には「7分間で3度もゴールを割られ、ヒーローにはなれなかった」と記された。

 チームワーストタイ評価となる「3点」で並んだのは両センターバックのスペイン代表DFジェラール・ピケとフランス代表DFクレマン・ラングレ。寸評では「まずまずだった前半の後、後半に崩壊。正確さを欠き、ポジショニングも悪かった(ピケ)」「90分間、不安で脆かった。3失点目は彼の責任(ラングレ)」とそれぞれ厳しい視線を向けられている。

 そのほか、ブラジル代表MFアルトゥール、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダル、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが「4点」、テア・シュテーゲンやウルグアイ代表FWルイス・スアレスら4人が「5点」にとどまった。交代出場のスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツも流れを変えることはできず、やはり「4点」と低評価。チーム全体を通して低調な出来に終わり、王者バルサにとっては受難の一戦となった。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  6. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  7. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  8. 「見事な個人技」 三笘薫、3人手玉の絶妙タッチ“左45℃ドリブル弾”を海外記者陣が絶賛 世界注目「素晴らしいゴール」

  9. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  10. 「衝撃のソロゴール」 三笘薫の“3人翻弄”ドリブル弾に英メディア驚愕、守備網切り裂く得点に度肝「いとも簡単に抜き去った」