S・ラモス、EURO&東京五輪W出場歓迎? 「誰もノーということはない」

スペイン代表DFラモス【写真:Getty Images】
スペイン代表DFラモス【写真:Getty Images】

スペイン代表最多168試合出場を記録

 来年の欧州選手権(EURO2020)に向けた予選が各地で現地時間12日に行われ、F組首位に立つスペインはノルウェーとのアウェーマッチに臨み、試合終了間際のPK献上によって1-1のドローに終わった。この一戦で注目が集まったのはキャプテンのDFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)だ。同代表歴代最多となる168試合出場を果たしたとともに、噂される東京五輪への出場についても触れたとスペイン紙「マルカ」が伝えている。

 試合は後半2分にMFサウール・ニゲス(アトレチコ・マドリード)のミドルシュートでスペインが先制。このまま逃げ切りに成功するかと見られたが、アディショナルタイムにノルウェーにPKを与えて同点に追いつかれた。寸前で勝ち点3を逃す展開にセルヒオ・ラモスも「本当に残念だ。彼らは最後の数分間を生かした。今日予選突破を決めて、落ち着いた気分で戦うことが大事だったけど……」と語るとともに、自らの記録と今後について語った。

「168試合に到達したことは名誉だ。僕に大きな誇りを与えてくれる。このユニフォームを着るたびにワクワクしてるんだから。その気持ちも変わらないから、何年もやっていたいものだよ」

 そう語ったセルヒオ・ラモス。ここにきて紙面をにぎわせてる五輪出場の件について振られると「そのチャンスがある選手なら、誰もノーということはないよ。もちろん(来年の)大会について語るのはまだ早いと思う。今は自分のクラブに集中しているし、まだ時間はある。何が起こるかはこれからだけど、(五輪出場)良い考えではあるよね」と出場希望を隠すことはなかった。

 2012年大会以来となるEURO制覇と五輪での金メダル獲得――日程的には非常にタイトだが、セルヒオ・ラモスは本気で狙っているのかもしれない。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング