レアルMFアザール、“不発”の現状に自己批判 「僕は違いを作らなければならない」

レアルのアザールの得点はそろそろ見れるだろうか【写真:Getty Images】
レアルのアザールの得点はそろそろ見れるだろうか【写真:Getty Images】

新天地レアルでいまだノーゴール・ノーアシスト CLクラブ・ブルージュ戦を前に決意

 レアル・マドリードのベルギー代表MFエデン・アザールは、今季いまだノーゴール・ノーアシストと期待に応えられていない。ミッドウィークのUEFAチャンピオンズリーグ(CL)第2節クラブ・ブルージュ戦を前に「僕は違いを作らなければならない」と自己批判を展開した。スペイン紙「マルカ」が報じている。

 今夏にチェルシーから憧れを公言していたジネディーヌ・ジダン監督率いる“白い巨人”へと渡ったアザール。太ももの負傷で出遅れたこともあり、ここまでは公式戦3試合出場にとどまり、得点・アシストともにまだゼロだ。

 今季の目玉補強なだけに、プレッシャーは大きなものとなっている。アザールもそのことをよく理解しているようだ。自分自身を鼓舞するように、試合に向けての意気込みを語っている。

「僕は自分がもっとできると分かっている。僕に対して最も厳しい批評家は僕自身だ。僕らは日々、良くなっているよ。怪我によってスケジュールに遅れが出てしまったと思うけど、今は100%準備ができている。次の試合ではベストが出せるようにしたい」

 レアルではまだ直接得点に絡むことができていないが、そのことについては「コンディションの問題ではない監督」と断言。そして「監督からは全てを出せ、と言われている。ピッチ上でより優れた選手にならなければいけない。僕は違いを作らなければいけないんだ」と決意を新たにしている。

 銀河系軍団レアルのエースとして期待されるアザール。プレシーズンには太り過ぎと非難されたが、本来の輝きを放つことができるだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング