大迫勇也が有言実行の先制弾! アジア杯イラン戦以来の日本代表15ゴール目

FW大迫が先制ゴールをマーク【写真:高橋学】
FW大迫が先制ゴールをマーク【写真:高橋学】

左サイドからのクロスを左足で合わせる

 日本代表は5日、キリンチャレンジカップ2019でパラグアイ代表(カシマスタジアム)と対戦。前半23分に日本代表FW大迫勇也(ブレーメン)がダイレクトシュートをゴール左に突き刺し、先制点を奪った。これが日本代表15得点目となり、2019年1月に行われたアジアカップ準決勝イラン戦(3-0)以来のゴールとなる。

 4-2-3-1システムで1トップに入った大迫は、前半23分に堅守パラグアイの牙城を崩す。華麗なパスワークで左サイドを打開すると、DF長友佑都(ガラタサライ)のグラウンダークロスを大迫が左足でダイレクトでゴール左隅に突き刺した。

 アジアカップ準決勝イラン戦以来のゴールとなるが、前日練習では「結果というものを中心にやってるから、出さないといけないし、自分自身にプレッシャーをかけてやるだけ」と意気込んでいたが、見事にゴールという結果につなげてみせた。

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング