インテル“戦力外”のナインゴラン ローマ時代の恩師が獲得熱望も…評価額36億円で難航か

インテルMFナインゴラン【写真:Getty Images】
インテルMFナインゴラン【写真:Getty Images】

サンプドリアのディ・フランチェスコ監督が獲得狙うも、金銭面が問題に…

 インテルの元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランは、新シーズンに向けてクラブとアントニオ・コンテ新監督の双方からプロジェクト外であることを宣言されているが、新天地が決まっていない。イタリア衛星放送「スカイ・イタリア」は、同リーグのサンプドリアがインテルに大幅な譲歩を求める交渉を行うとした。

 ナインゴランは昨季にローマから加入したが、ピッチ外の問題もありクラブからの信頼を得られていない状況にある。そのため、新シーズンに向けて前主将のアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディとともに、「プロジェクトの外にいる」と、CEOのジュゼッペ・マロッタ氏とコンテ新監督から明言されている。

 一時は中国移籍も噂されたが、そのオファーは正式には届いていないようだ。そうしたなかで、今季からサンプドリアを率いるエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督が、ローマ時代に指導したナインゴランの獲得を熱望しているという。

 しかしながら、問題は金銭面にある。インテルは評価額を3000万ユーロ(約36億円)と見込んでいるとの報道が今月に入ってあったが、同局も「不可能ではないが現実的には厳しい」という見通しを報じた。

 一方でイタリア紙「ラ・レプッブリカ」は、この移籍話についてインテルが大幅に譲歩を認めれば成立する可能性があるとしている。それは、ナインゴランの年俸をインテルが一部負担する条件で期限付き移籍をベースに交渉が進むことだとした。

 インテルとしては戦力外と宣言したナインゴランがシーズン中にも契約下の選手としてチームに残ることに利益はない。プレー機会の喪失危機にあるナインゴランだが、インテルとサンプドリアの間で大幅な譲歩に伴う移籍は成立するのだろうか。

>>【PR】イングランド・プレミアリーグをDAZN(ダゾーン)で見よう!ネットでの視聴方法はこちら!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング