【奥寺康彦が直撃!】第2回|長谷部誠が解き明かす「欧州で生き抜く秘訣」

要求に応えることが、自分のためになる

長谷部 そういう時に、「自分はこのポジションでしか試合に出る気はない」と伝える選手もいますよね。でも、奥寺さんの心の中には、そうやって監督から求められることに喜びを感じていた面もあったのですか?

奥寺 そうだね。僕はどちらかというと、そっちのタイプかな。求められたら、「やるしかないな」と。

長谷部 僕も同じです。求められることに応えることが、結局は、自分のためになるんだと思いながらやるようにしていました。

――奥寺さんは、ドイツ時代にGK以外のすべてのポジションを経験されていますよね?

奥寺 ブレーメンでは本当にいろいろなポジションをやらされたね。

長谷部 僕は、GKもやりましたけど(笑)。

――ヴォルフスブルクに所属していた時、GKの選手が退場して、交代枠を使い切っていたので長谷部選手がGKを務めたことがありましたね。

長谷部 はい。やっていないのはFWぐらいです。

奥寺 僕はもともとFWの選手だったから。

長谷部 僕と奥寺さんの違いは、点を取れるということだと思うんです。もともとFWということもあるのでしょうけど。やはり、ドイツでは点を取るとすごく評価されますよね? 僕も今シーズン(2014-15シーズン)はチームで最も多くの試合に出させてもらったのですが、それでも、ファンは点を取る選手を一番評価する。だから今は、結果を残すことの大切さをあらためて感じています。

■関連記事 >>> 【第1回】 【第3回】

[PROFILE]

奥寺康彦(おくでら・やすひこ)

1952年3月12日生まれ、秋田県出身。1970年にJSLに古河電工サッカー部(現・千葉)に加入。76年に日本代表に初選出され、翌年にケルンの練習に参加した際、名将ヘネス・ヴァイスヴァイラー監督に才能を認められ移籍を決意。移籍1年目の77-78シーズンにリーグ優勝とDFBカップの二冠を獲得した。80年にヘルタ・ベルリン、81年にブレーメンに移籍してプレー。86年に国内初のプロ選手として古河に復帰し、88年に現役を引退した。

長谷部誠(はせべ・まこと)

1984年1月18日生まれ、静岡県出身。2002年、藤枝東高から浦和レッズに加入。2年目から出場のチャンスをつかみ、04年にはナビスコカップ・ニューヒーロー賞、Jリーグベストイレブンに選出。06年にJリーグ優勝を果たす。08年、ドイツ・ブンデスリーガのヴォルフスブルクに移籍。その後、ニュルンベルグを経て、14-15シーズンよりフランクフルトでプレーする。日本代表ではキャプテンとして10年、14年のワールドカップに出場した。

〈サッカーマガジンZONE 2015年8月号より転載〉

【了】

ミムラユウスケ●文 text by Yusuke Mimura

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

 

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  3. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  4. 「醜い書体だ」「ファンが困惑」 イングランド新ユニフォーム、“ヘビーメタル風”背番号&ネームフォントが酷評

  5. 「ファンが涙」 イングランド代表のW杯新ユニフォーム、不評デザインに反響拡大「今まで見た中で最悪」

  6. 偶然?故意? J2の珍事が話題…蹴ったボールが審判にヒット→FW退場に賛否「退場やむなし」「審判が感情的に見えた」

  7. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  8. 「奇抜」「威圧感がある」 韓国代表のW杯新ユニフォーム、ホーム&アウェー用デザインに海外注目

  9. なぜ誰も触れない? 三笘薫、漫画級“ファントムドリブル弾”に衝撃「ネイマールもムバッペもやるやつ」「コース神!」

  10. 「サッカーは結局のところ個」 本田圭佑、アメリカ戦を前に持論を展開し反響「奥深い」「まちがいない」

  1. 「史上最悪のデザインだ」 カタールW杯出場6か国ユニフォームが酷評、海外注目「新次元のトラブル」

  2. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  3. 日本代表の新ユニフォームを正式発表 カタールW杯で着用、コンセプトは「ORIGAMI」

  4. 「動き神すぎんか」 ソシエダ久保建英、決勝弾を導いた見事な囮役 “パスコースぽっかり”に絶賛「2枚剥がした」

  5. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  6. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  7. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  8. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  9. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  10. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」