【奥寺康彦が直撃!】第2回|長谷部誠が解き明かす「欧州で生き抜く秘訣」

自分を犠牲にしてチームのために戦う

■関連記事 >>> 【第1回】 【第3回】

――お二人とも、ドイツの3つのクラブで活躍されていますよね。1つのクラブだけではなく、複数のクラブから必要とされてきた理由はどこに感じていますか?

奥寺 たまたま、という部分もあるんだけどね。例えば、最初に入ったケルンから移籍せざるを得なくなったのは、4年目に当時の監督に干されてしまったから。それで仕方がなく、当時は2部にいたヘルタ・ベルリンに行ったんだ。幸い、当時のヘルタの監督は僕のことを評価してくれて、使ってくれた。そこで良いプレーができたから、ブレーメンのレーハーゲル監督に獲得してもらった。やはり、必要とされるところでプレーする機会を持つことが大事だと思う。だから、ブレーメンでの充実した5年間があったんじゃないかな。

――与えられた場所で、要求に応えていくことで、必要とされる選手になれると?

奥寺 しっかりやっていれば、どこかで誰かが見てくれていると思う。試合に出られないのにそのクラブにいつまでも残っていたら、せっかく自分が築き上げたものが、どんどん薄くなっていく。それなら、試合に出られるところでプレーすることが、次への道につながるんじゃないかな。もちろん、それは今だから言えることで、ヘルタに行った時にはそこまで考えられていたわけではないけれどね。

長谷部 お話を伺っていて、一度、監督から干されたというのは自分と一緒だなと思いました。どちらかというと僕も、自分を犠牲にする部分があったとしても、チームのためになることだったらやるんだという確固たるものがありますし。

 ただ、その中でも、葛藤はあるんです。「本当はもっと別のことがやりたい」と思うこともありますし。チームのためにやるべきことと、自分のやりたいこととのバランスについてはどうされていましたか?

奥寺 だけど、僕もブレーメンではいろいろなポジションをやらされたよ。サイドバックや中盤をやりたいと思っても、「フォワードをやってくれ」と言われる日もあれば、「ストッパーとして(往年の名選手だったカール・ハインツ・)ルンメニゲをマンマークしろ」と言われたこともあった。しかも、突然、そういう指示を受けるんだ。ブレーメンに入った時に、どのポジションをやりたいのか聞かれて「ボランチをやりたい」と伝えていたんだけどね。

長谷部 似たようなことは、僕もよく言われましたね。「中盤が僕のポジションです」と監督に話したら、「分かった」と言ってもらえたのに、試合になると右サイドバックをやらされたり(笑)。

奥寺 そう! 僕もそういう感じだった。

 

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  2. 「お似合い」 デ・ブライネ、謎の韓国美女と試合直後に“照れくさそう”な記念撮影 「羨ましい」「美しい」と反響

  3. ソシエダ久保が「ついに覚醒」 圧巻ゴール反響、鋭い振り&絶妙コースの“低弾道シュート”「誰も止められない」

  4. 「加速エグい」「本物だ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルド“翻弄ドリブル”に驚き リバプール戦の圧巻テク&スピードに喝采「世界に通用」

  5. 「感動的だ」 ソシエダ久保建英、ゴール直後に両足浮遊の“情熱”大ジャンプ 背中越しの喜悦にファン熱狂「うわー凄い」

  6. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  7. 「マスタークラスだ」 ブライトン三笘、サラー&アーノルドを翻弄 リバプール相手の“圧巻ドリブル”を海外絶賛「最高級」

  8. 元日本代表MF中田英寿氏、コンバイン運転&米収穫が反響拡大 フィオレンティーナ時代の元同僚も反応

  9. 「恐るべし」 元日本代表MF中田英寿氏がコンバイン運転で米収穫に脚光「何でも様になる」

  10. 「魔法の左足」 中村俊輔の欧州CL“伝説のFK”弾、名門ユナイテッド戦の衝撃2発に「いつ見てもすげー」と反響

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  6. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  7. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  8. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 「即買いだ」「美しい」 イングランド新アウェーユニフォーム、“襟付き&レッド復活”の流出デザインを海外絶賛