アメリカ、史上2チーム目の女子W杯連覇達成 主軸のモーガン&ラピノーが大会得点王

アメリカがオランダを2-0で破り、通算4度目のW杯優勝を達成【写真:Getty Images】
アメリカがオランダを2-0で破り、通算4度目のW杯優勝を達成【写真:Getty Images】

決勝でオランダを2-0で破り、通算4度目のワールドカップ優勝を達成

 フランスで開催されている女子ワールドカップ(W杯)が現地時間7日に決勝戦を迎え、アメリカとオランダの対戦は、後半に2ゴールを奪ったアメリカが2-0で勝利し、2大会連続4回目の優勝を果たした。

 前回カナダ大会の女王アメリカと、2017年の女子欧州選手権を制して2回目の出場となったオランダは、互いに1次リーグから準決勝まで全勝で進んできた。この大舞台には両者とも4-3-3システムでスタートし、攻撃姿勢を打ち出した。

 立ち上がりから前進する意欲を見せる両チームだったが、集中力の高い守備ブロックを打ち破るには至らず、シュートまでいけない時間が長く続いた。両チーム最初のシュートは前半27分、コーナーキックのこぼれ球をアメリカのMFジュリー・アーツがボレーで狙ったが、GKの守備範囲に飛んだ。

 タイトルの懸かった決勝戦らしい緊張感の抜けない試合は、前半ラスト10分でアメリカのエースFWアレックス・モーガンが立て続けに枠内シュートでオランダゴールを脅かしたが、先制ゴールは生まれず。前半は0-0で終了した。

 後半に入るとアメリカの攻撃の時間が長くなり、オランダが速攻を狙う構図が鮮明になった。そうしたなかで同14分、ペナルティーエリア内の浮き球に反応したモーガンに対し、オランダDFステファニー・ファンデル・グラフトが足を高く上げて競りに行った。一度はコーナーキックの判定になったものの、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の進言で映像確認がされ、PKとされた。

 このPKでキッカーはアメリカの主将、MFミーガン・ラピノーが務め、ゴール右に冷静に決めて先制。後半15分にアメリカが1点のリードを手にした。

 さらにアメリカは後半24分、中盤でボールを奪ったMFローズ・ラベルが中央をそのままドリブルで持ち運ぶと、モーガンへのラストパスを警戒したオランダの最終ラインが寄せ切れずに下がったところで、そのまま左に持ち出してミドルシュート。これがゴール右に吸い込まれ、2-0とリードが広がった。

 オランダは後半28分にセンターバックを下げてFWシャニセ・ファンデサンデンを投入して前線を増やすスクランブル体制に移行。しかし、残り10分を前に5バックへシフトしたアメリカの守備陣を打ち破ることはできず、そのまま2-0で逃げ切ったアメリカが連覇を達成。通算4回目の女王の座に輝いた。

 また、大会得点王はアメリカのモーガンとラピノーのほか、イングランドのFWエレン・ホワイトの3人が6ゴールで並んでタイトルを分け合った。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング