ブラジル19歳FW、華麗な“ルーレット&ループ弾”にロナウジーニョ熱狂 「ゴラッソ!!!」

ライプツィヒの19歳ブラジル人FWクーニャ【写真:Getty Images】
ライプツィヒの19歳ブラジル人FWクーニャ【写真:Getty Images】

今季新加入のクーニャが相手2人を翻弄するテクニックで強烈なインパクト

 ドイツ1部RBライプツィヒの19歳ブラジル人FWマテウス・クーニャのプレーが話題を呼んでいる。現地時間6日のブンデスリーガ第28節レバークーゼン戦(4-2)で、マーカー2人を翻弄するマルセイユルーレットからの冷静すぎるループ弾に、元ブラジル代表MFロナウジーニョ氏も「我が同胞マテウス・クーニャのゴラッソ」と拍手の絵文字付きで称えた。

 ライプツィヒは前半11分にPKで先制されるも、すぐさまオーストリア代表MFマルセル・ザビツァーが同点ゴールをマーク。同23分に再びリードを許したが、後半にゴールラッシュを見せた。

 後半19分、ドイツ代表FWティモ・ヴェルナーの一撃で同点に追いつくと、同26分にスウェーデン代表FWエミル・フォルスベリがPKを決めて逆転。そして3-2とリードして迎えた後半38分だった。

 ライプツィヒは左サイドでパスをつなぎ、ヴェルナーの縦パスに途中出場のFWクーニャが反応。ペナルティーアーク左でボールに追いついたが、左右をレバークーゼンの選手2人に挟まれていた。すると、今季新加入の19歳は右足裏でボールをコントロールし、反転しながら左足ヒールでゴール前にボールを弾いて相手を置き去りに。さらに、飛び出してきたGKの動きを見極め、冷静に右足でループシュートを決めてみせた。

 マルセイユルーレットからの流れるようなゴールに、ブンデスリーガ公式ツイッター英語版は「この種のゴールは何度も繰り返し見ることができる」と綴っていたが、ブラジルの“大先輩”も反応。インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)でメッセージを綴ったのは、元ブラジル代表MFで現役時代はファンタジスタとして名を馳せたロナウジーニョ氏だ。

「我が同胞マテウス・クーニャのゴラッソ!!!」

 39歳のロナウジーニョ氏も、19歳クーニャのゴールを称賛している。スイス1部シオンから移籍した今季は、21試合に出場して2ゴールを記録。U-20ブラジル代表にも名を連ねており、将来的にはA代表でFWネイマール(パリ・サンジェルマン)やMFフィリペ・コウチーニョ(バルセロナ)らテクニシャンと共演するかもしれない。


page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング