「こんな国は見たことない」 Jリーグ外国人FWが日本人を絶賛、“驚いたこと”は?

今季ジュビロ磐田に加入したルクセンブルク代表FWロドリゲス【写真:Getty Images】
今季ジュビロ磐田に加入したルクセンブルク代表FWロドリゲス【写真:Getty Images】

今季、J1磐田に加入したFWロドリゲス 母国紙取材でJリーグや日本について言及

 J1ジュビロ磐田のルクセンブルク代表FWロドリゲスが、母国紙「Le Quotidien」のインタビューに応じ、Jリーグや日本の印象について語った。今季からJリーグでプレーする23歳の若き海外助っ人の目に、果たして異国の地はどう映っているのだろうか。

「こんなに人々が礼儀正しい国は見たことがない」

 今季、ルクセンブルク国籍の選手として初めてのJリーグでプレーしているロドリゲスは、日本人の礼儀正しさに驚きを隠せないようだ。1月下旬に来日し、新天地で2カ月余りが経過したなか、「人々は僕に“ありがとうございます”と何百回も言ってくれるんだ」と対応の良さに目を見張っている。

 母国エスペランジュでプロとしてのキャリアをスタートさせたロドリゲスは、その後、国内3クラブでプレーし、2017-18シーズンにオランダ2部SCテルスター、18年にモルドバのシュリフ・ティラスポリに在籍。今季から磐田に加入すると、開幕からスタメンに名を連ね、第4節を終えて3試合に出場している。

 ポルトガル生まれのロドリゲスだが幼少期にルクセンブルクへ渡り、オランダやモルドバでの生活も経験している。これまでも異文化に触れてきたが、それでも日本文化は新たな体験だったようだ。「人の家に入った時には靴を脱ぐ。それは敬意の問題でもある。僕は家では自由にしているけどね(笑)」と明かしている。

【PR】「プレビューショー」「ドキュメンタリー」等試合配信以外にもDAZNオリジナルコンテンツ続々配信中!

>>【PR】DAZNアンバサダーにとんねるずの木梨憲武氏が就任! 特別出演のCMもオンエア開始!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング