レバンドフスキが自身のベストゴールを選出 「信じられないゲームに花を添えた」

レバンドフスキはこの試合で9分間に5得点を挙げるという離れ業をやってのけた【写真:Getty Images】
レバンドフスキはこの試合で9分間に5得点を挙げるという離れ業をやってのけた【写真:Getty Images】

得点ランク首位に立つバイエルンのエース 史上最速「9分間5得点」の試合を振り返る

 バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキは2015年9月22日に行われたヴォルフスブルク戦(5-1)で、わずか9分間に5得点を挙げるという離れ業をやってのけた。同選手は、この試合の5ゴール目が自身のブンデスリーガにおけるベストゴールだと話していると、ドイツ誌「シュポルト・ビルト」が報じている。

 レバンドフスキは2014年にドルトムントからバイエルンへ移籍。これまで通算3回もブンデスリーガ得点王に輝いているストライカーは、第24節ボルシアMG戦(5-1)と第25節ヴォルフスブルク戦(6-0)の2試合で2得点ずつの計4ゴールを挙げた。その得点によりブンデスリーガ通算197ゴールに到達。ブレーメンの元ペルー代表FWクラウディオ・ピサーロの195ゴールを上回り、外国人選手の歴代最多得点記録を塗り替えた。

 ドイツで多くのゴールを生み出したレバンドフスキは、「シュポルト・ビルト」誌のインタビューに応じ、「ブンデスリーガでの自身のベストゴールは?」との問いに、「私の心はすぐに9分間で5得点を挙げたヴォルフスブルクとの一戦に行きつく」と答えている。

「私にとってすべてが上手くいったゲームだった。それ以上の夢は見たことがない。そのゲームで起きたことを理解するには長い時間がかかった。アクロバティックなボレーで決めた5つ目のゴールが、自身のブンデスリーガ内でのベストゴール。それは信じられないゲームに花を添えたゴールだった」

 この試合でレバンドフスキは後半からピッチに立つと、後半6分に1点目を挙げる。同7分にはミドルシュートで、同10分にはこぼれ球を押し込みハットトリックを達成した。続いて同12分に左からのクロスを右足インサイドで合わせるボレーシュートで4点目を決める。そして同15分には、この試合で右サイドバックを務めていた元ドイツ代表DFフィリップ・ラームからのクロスに対して、ペナルティーエリアのライン上付近から右足で蹴り込むジャンピングボレーシュートで5点目を決めた。


page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング