プレミア首位のマンCに激震 2大エースがそろって負傷、ダービーの出場回避か

アグエロ、シルバが代表戦で負傷交代

 現在プレミアリーグ首位のマンチェスター・シティに、ショッキングなニュースが飛び込んできた。昨季プレミアリーグ得点王のアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロと、スペイン代表MFダビド・シルバが代表戦でそろって負傷を負う、緊急事態に直面している。

 負傷中のリオネル・メッシに代わり、代表チームの10番を担ったアグエロだったが、ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選のエクアドル戦(0-2)で相手選手と接触し、足を痛めて前半24分で途中交代した。英国営放送「BBC」によれば、ハムストリングを故障したアグエロはアルゼンチン地元放送局「TyC Sports」のインタビューに対し、「1カ月はプレーできないと思う」と負傷の程度を明かした。

 そうなれば、25日に予定されているマンチェスター・ユナイテッドとの大一番を含め、リーグ4試合とUEFAチャンピオンズリーグ2試合を欠場する可能性がある。シティは、先日のニューカッスル戦で1試合5ゴールと大暴れした男を欠くことになる。

 さらに、9日の欧州選手権予選に出場したシルバも足首の負傷を負い、戦線離脱となるようだ。このレフティーはスペインが4-0と快勝し、予選突破を決めた一戦に先発出場。しかし、前半11分にフアン・マタ(ユナイテッド)との交代で、ピッチを後にしていた。全治はまだ明らかになっていないが、英地元紙「デイリー・ミラー」によれば、足首の靱帯(じんたい)を捻挫したと予測されている。

 プレミアリーグで現在首位に立つシティだが、チームの中核を担う2大エースの負傷は大きな影響を及ぼしそうだ。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

トレンド

ランキング