複数タイトル獲得に迫るも「無冠に終わった10クラブ」 悲運の“準三冠”チームも…

英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」が、複数タイトル獲得に迫るも「無冠に終わった10クラブ」を選出した【写真:Getty Images】
英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」が、複数タイトル獲得に迫るも「無冠に終わった10クラブ」を選出した【写真:Getty Images】

主力がカーニバルで帰国したクラブや、不名誉なあだ名を付けられたチームも…

 マンチェスター・シティは現地時間24日のリーグカップ決勝でチェルシーにPK戦の末に勝利し、今季一つ目のタイトルを手にした。プレミアリーグでも連覇を狙うシティにとっては、まずは1冠と幸先の良いスタートを切ったが、過去には複数のタイトルに王手をかけたものの、最終的には“無冠”で終わったチームも多数ある。そのなかから、英サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー」が10チームを選出した。

 まずは1998-99シーズンのフィオレンティーナだ。イタリアの名将ジョバンニ・トラパットーニ氏を監督に迎えたフィオレンティーナは、2月終盤の時点でセリエA首位に立っていた。ところが、開幕13試合で13 得点を記録していた元アルゼンチン代表FWガブリエル・バティストゥータが故障に見舞われたうえに、バックアップストライカーでJリーグの東京ヴェルディと浦和レッズなどでもプレーした元ブラジル代表FWエジムンドが、「リオのカーニバルに参加するため」にまさかの無断帰国。結局、その後の11試合でわずか2勝しか挙げられなかったフィオレンティーナは、リーグ3位に終わってしまった。そして、コッパ・イタリアでもホームで迎えた決勝のパルマ戦の第2戦、最後の20分までリードしていたものの失点を喫して2-2の引き分けに。2戦合計3-3となり、アウェーゴールルールで敗れてタイトル獲得とはならなかった。

 続いて紹介された2001-02シーズンのレバークーゼンも悲運のクラブだ。ブンデスリーガ残り3試合で、ドルトムントに勝ち点5差の首位に立っていた。さらにDFBポカールと、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)でも決勝に進出。しかし、クラウス・トップメラー監督率いるレバークーゼンは、守備の要である元ドイツ代表DFイェンス・ノヴォトニーが負傷離脱してしまう。

 するとリーグ戦、最後の3試合で2敗を喫して、1ポイント差でドルトムントに優勝を譲る。さらにCL決勝(1-2)では、レアル・マドリードの元フランス代表MFジネディーヌ・ジダンに決勝点を決められて準優勝。DFBポカールでも、シャルケとの決勝を2-4で敗れて“準三冠”に終わり、散々な結果に終わる。立て続けに3つのタイトルを逃したことで、「Neverkusen(ネバークーゼン)」と不名誉な呼び名を付けられてしまった。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング