「外しまくったー」 アラベス初陣の乾、チャンス逸反省も勝利に充実感「疲れたー!!」

アラベスMF乾貴士【写真:Getty Images】
アラベスMF乾貴士【写真:Getty Images】

レバンテ戦で新天地デビュー ゴールは奪えずも「チームが勝てたのが良かったー」

 スペイン1部アラベスに移籍した日本代表MF乾貴士は、現地時間11日のリーガ・エスパニョーラ第23節レバンテ戦で新天地デビューし、2-0の勝利に貢献した。右ウイングとして後半43分までプレーし、放ったシュートは5本。ゴールこそ奪えずに終わったが、試合後に自身のツイッターを更新し、「勝ったー!!」「疲れたー!!」と充実感を覗かせている。

 アジアカップ参戦中の1月24日に、ベティスからアラベスへの期限付き移籍が決定した乾。前半9分にノールックで相手の股を抜くスルーパスを見せると、同16分にはアルゼンチン代表FWジョナタン・カレリのシュートがクロスバーを直撃したこぼれ球に反応してヘディングシュートを放ったが、惜しくも枠を捉えられなかった。

 そんななか、前半23分に乾が獲得した右CKを起点に、最後はスペイン人DFビクトル・ラグアルディアが頭で決めてアラベスが先制。同37分には相手のミスを突いてパスカットし、左サイドからピンポイントクロスを入れてラグアルディアのシュートチャンスを演出した。

 1-0で前半を折り返したなか、乾は後半10分にペナルティーエリア内でセルビア代表MFダルコ・ブラシャナツの横パスを受けてシュートを放つも枠を捉えられず。その6分後にもショートカウンターのフィニッシュ役を任されたが、足元を狙った左足のシュートはレバンテGKアイトール・フェルナンデスの好セーブに遭った。

 後半27分にもカウンターのチャンスでロングシュートを試みるなど、積極的にゴールを狙った乾。新天地デビュー戦で88分間プレーし、交代でピッチを後にする際には、本拠地のアラベスサポーターから大きな拍手が送られた。

 乾は試合後、自身のツイッターを更新。「勝ったー!! 疲れたー!! 外しまくったー。でも、とりあえずチームが勝てたのが良かったー」とアラベスデビュー戦を振り返り、「また頑張ろう!! 応援よろしくお願いします」と呼び掛けた。

 新天地での再スタートを2-0の勝利で飾り、アラベスも連敗ストップとともに古巣ベティスを抜いてUEFAヨーロッパリーグ出場圏内の6位に浮上。乾は初戦で切り札になる可能性を十分に示した。

【PR】毎週末繰り広げられる全世界の熱戦。プレミア、リーガ、CL…あなたのスマホでDAZNを!

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング