頂上決戦に挑むドルトムント 香川ら「ファンタスティック4」が王者の進撃を阻むか

公式サイトが香川の先発出場を予想

 ブンデスリーガの頂上決戦となるバイエルン・ミュンヘン対ドルトムントの一戦が、現地時間4日(日本時間5日0時30分キックオフ)に行われる。UEFAヨーロッパリーグのPAOKテッサロニキ戦(1-1)の招集メンバーから外れ、休養十分の日本代表MF香川真司はこの大一番に先発出場すると予想されている。クラブの公式サイトで、この試合の予想先発メンバーが公開された。

 敵地アリアンツ・アレーナに乗り込み、首位バイエルンと戦うこの一戦。ドルトムントは、この試合も今季からお馴染みとなった4-3-3システムで臨むと見られている。

 GKは新加入ながら定位置をガッチリと掴んでいるスイス代表ビュルキ。DFは右からギンター、ソクラティス、フンメルス、シュメルツァー。中盤アンカーの位置に20歳のバイグル、その前に香川とギュンドアンが並ぶ。前線は右からロイス、オーバメヤン、ムヒタリアンという前節と同じスターティングイレブンが予想されている。

 ドルトムントは、直近の3試合ですべて引き分けに終わるなど、公式戦11連勝を飾った開幕からの勢いには陰りが見られている。それでも、PAOK戦では香川、オーバメヤンら主力5選手に休養を与えるなど、この試合に向けた準備は万全だ。現地メディアから「ファンタスティック4」と称される香川、ロイス、オーバメヤン、ムヒタリアンのカルテットも再結成される見込みで、その爆発的な攻撃力を武器に絶対王者から白星を狙う。

 

page1 page2

ランキング