先発10人変更で大胆采配の森保監督、失点から3分後の同点弾…メモ帳片手に笑顔を浮かべ拍手で祝福

日本代表を率いる森保監督【写真:Getty Images】
日本代表を率いる森保監督【写真:Getty Images】

アジア杯ウズベキスタン戦、第2戦から10人変更 先制点を献上も武藤の同点弾を指揮官祝福

 森保一監督率いる日本代表は、17日のアジアカップ・グループリーグ第3戦ウズベキスタン戦に臨み、前半40分に先制点を献上するも、その3分後に同点弾を決めた。10人を入れ替える大胆采配を見せた指揮官も笑みを浮かべて拍手でゴール称えた。

 9日の初戦トルクメニスタン戦で3-2と逆転勝利を飾った日本は、13日の第2戦オマーン戦も1-0で連勝し、決勝トーナメント進出を決めた。グループ首位通過を懸けてウズベキスタン戦に臨んだなか、指揮官は第2戦から10人の先発を入れ替える決断を下した。

 思うようにエリア内に侵入できない時間が続いた日本は、前半40分に右サイドから突破を許し、DF槙野智章(浦和レッズ)とDF三浦弦太(ガンバ大阪)がかわされて先制ゴールを献上した。暗雲が漂うなか、その3分後に同点ゴールが生まれる。

 右サイドでDF室屋成(FC東京)が巧みなターンから相手をかわしてクロスを送ると、中央に走りこんだFW武藤嘉紀(ニューカッスル)が相手に競り勝ち、ヘディングで同点ゴールを叩き込んだ。

 これには先発10人を入れ替えた森保監督も思わず笑顔を浮かべ、メモ帳を片手に拍手でゴールを祝福。悪い流れをすぐさま断ち切る働きを称えていた。

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング