「日本の“寿司タカ”からゴール炸裂」 大迫の華麗弾、堂安の大会最年少弾を韓国称賛

(左から)日本代表FW大迫、MF堂安【写真:Getty Images】
(左から)日本代表FW大迫、MF堂安【写真:Getty Images】

トルクメニスタンに先制点献上の日本、後半の3ゴールに韓国メディアも注目

 日本代表は9日のアジアカップ・グループリーグ初戦トルクメニスタン戦で先制されながらも後半に3ゴールを奪い、3-2で逆転勝利を飾った。苦戦しながらも底力を発揮した日本代表について、韓国のスポーツメディア「STN SPORTS」は「日本の“寿司タカ”からゴール炸裂」と称賛している。

 記事では「日本はFIFAランキング50位、トルクメニスタンは127位。前半、日本の高いボールポゼッションにもかかわらず、相手の密集した守備に苦戦」と言及。前半27分、トルクメニスタンMFアルスラン・アマノフに強烈なミドルシュートを叩き込まれて失点した日本は、0-1と劣勢で前半を折り返した。

後半に入ると両サイドを広く使った日本の攻撃が機能。「後半11分、大迫勇也がペナルティーエリア内で落ち着いて相手DFをかわしてゴール」と同点弾を伝えた一方、さらに「その4分後に大迫の逆転ゴールでスコアをひっくり返した。後半26分には、堂安律が完璧なパスワークから綺麗に仕上げた」と記し、日本の大会最年少弾となったゴールも称えている。

 その後、相手にPKを献上して1点差に詰め寄られた日本だが、3-2で逃げきって大会初戦を白星で飾った。前半は機能不全に終わった日本の攻撃だが、後半に入ると一変し、韓国メディアは「日本の“寿司タカ”からゴール炸裂」と記している。

 “寿司タカ”とは、日本のパスワークを表現した韓国の造語だ。スペインで流れるようなパスワークを「ティキタカ」と呼び、日本をイメージした“寿司”と掛け合わせている。実際、トルクメニスタン戦の後半は中長距離のパスが通り始め、相手を翻弄。日本の攻撃にリズムが生まれ、3ゴールを奪った。

 韓国も初戦フィリピン戦で苦戦しながら、ガンバ大阪FWファン・ウィジョの決勝ゴールで1-0と白星スタートを切った。両国がともに勝ち上れば決勝トーナメントで激突するが、優勝候補に挙がる日本の試合に韓国メディアも注目を寄せているようだ。

【PR】Jリーグシーズンの次は、海外リーグの熱闘が!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング