森保監督は「日本の次の交代カード」 “ピッチ脇でのキャッチ劇”にアジア杯公式が脚光

日本代表を率いる森保監督【写真:AP】
日本代表を率いる森保監督【写真:AP】

トルクメニスタン戦の試合中にボールを処理する森保監督を絵文字付きでレポート

 森保一監督率いる日本代表は、9日に行われたアジアカップ初戦のトルクメニスタン戦で3-2と逆転勝利を飾った。FIFAランキング127位の相手に先攻を許すなか、エースのFW大迫勇也(ブレーメン)、MF堂安律(フローニンゲン)のゴールで大会白星スタートとなったが、アジアカップ公式ツイッターは森保監督の試合中のワンシーンをフォーカスし、「日本の次の交代カード」と綴っている。

 日本は森保体制初となる国際大会初戦で思わぬ苦戦を強いられた。前半26分、トルクメニスタンのMFアマノフに強烈なミドルシュートを叩き込まれて先制される苦しい展開。それでも、ハーフタイムに修正を施した日本が後半に巻き返す。

 後半11分に大迫がゴール前での華麗な切り返しから同点弾を叩き込むと、同15分にもDF長友佑都(ガラタサライ)のクロスを押し込んで連続ゴール。その後、堂安が追加点を奪って3-1とリードを広げ、終盤に1点を返されるなかで日本が3-2で逃げ切った。

 薄氷の勝利となったが、アジアカップ公式ツイッターが熱視線を送った相手は森保監督だった。試合中の森保監督の写真3枚を公開し、「日本の次の交代カード」と笑顔と日本国旗、サッカーボールの絵文字とともに綴っている。写真はペンを片手に、森保監督がタッチライン際でボールを処理する様子を捉えているが、トルクメニスタン戦の最中、森保監督がボールをキャッチして選手に渡そうとするシーンがあり、その瞬間にスポットライトを当てたようだ。

 試合後の会見では、「前半、我々は相手の守備の堅さに苦しんだところはありますけど、前半ゴールを奪えなくてもボールを動かしたことが、相手にとってボディーブローのように効いたと思いますし、後半によりダイナミックに人もボールも動いたことで相手に難しい守備をしなければいけなくなったところで3ゴールにつながったと思う」と振り返った森保監督。就任後の無敗記録を6(5勝1分)に伸ばし、13日のグループステージ第2戦オマーン戦に挑む。

【PR】Jリーグシーズンの次は、海外リーグの熱闘が!

>>【PR】元浦和の鈴木啓太氏が2018年Jリーグを総括 DAZNで広がる「観る側の面白さ」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング