原口元気が指摘、左利きの堂安律が見せる新たな魅力 「“スポーン!”と蹴ってくれる」

原口元気が指摘、左利きの堂安律が見せる新たな魅力とは?【写真:Getty Images】
原口元気が指摘、左利きの堂安律が見せる新たな魅力とは?【写真:Getty Images】

ドリブルと決定力を兼備する堂安のサイドチェンジに言及 「展開力がすごくある」

 当たりにも臆さない低い重心のドリブルに、肝の座った決定力――。アジアカップ日本代表に招集されたMF堂安律(フローニンゲン)のストロングポイントで真っ先に挙げられるのはこの二つだろう。さらなる魅力を29日のトレーニング後に語ったのは、MF原口元気(ハノーファー)だ。

 この日、トレーニングの最後に9対9のミニゲームが行われ、同じチームになった原口と堂安が両翼を務め、2人は持ち味である突破力を前面に押し出して存在感を発揮した。

「もともと良い選手ですし、展開力がすごくあるので。ただ(サイドに)張っているだけでも、“スポーン!”と良いサイドチェンジを蹴ってくれる。あの精度のボールが来て、嫌だなって感じる選手は誰もいないと思いますしね」(原口)

 ミニゲームで目立ったのは、堂安が攻撃の起点になるケースの多さだ。自らにマーカーを引き付け、原口も話したようなサイドチェンジを繰り出すことで味方に余裕のある状況を作り出す。また、マーカーを背負っても問題なし、と言わんばかりのキープ力を見せ、サイドバックの攻め上がりの時間を作る機会もあった。

「久しぶりに左利きの選手が逆サイドにいるので、よくボールが来ますよね。でもあんまり一緒に出ている時間が少ないので、もちろん律だけじゃなくて、組んだことのない選手はいっぱいいるんですが、明日(30日)のトレーニングマッチは良い機会になると思います」

 森保一監督体制の2列目両サイドは“最激戦区”だ。堂安、原口に加えて10番を背負うMF中島翔哉(ポルティモネンセ)、スピードスターのMF伊東純也(柏レイソル)もいる。そのなか味方の特徴を察知し、効果的に生かせるか。国際経験も豊富な原口の腕の見せどころと言えそうだ。

>>【PR】Jリーグの選手が欧州注目試合を特別解説!|DAZN年末プログラムが見逃せない!

(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング