日本代表、森保監督がアジアカップ優勝へ決意 「総力戦として、7試合を戦い抜く」

日本代表を率いる森保監督【写真:Getty Images】
日本代表を率いる森保監督【写真:Getty Images】

国内組10名と海外組の南野という計11名でトレーニングキャンプをスタート

 日本代表は26日、来年1月に行われるアジアカップに向けたトレーニングキャンプを開始した。初日のトレーニングには国内組10名、そして海外組からは唯一、ザルツブルクMF南野拓実が参加。6名のトレーニングパートナーを合わせた計17選手が、約1時間に渡って汗を流した。

 初日の練習を終えた森保一監督は、「多くの選手が国内組の選手。コンディション的には休んでいた期間が長く、ボールフィーリングの部分は上げていかなければいけない。ただ、シーズンを終えて、休みを入れて、自主トレをして、メンタル的にはフレッシュな状況なので、これからコンディションを上げていってもらえたらと思います」と、感触を口にした。

 2大会ぶり5度目の優勝を目指す今大会は、参加国が16カ国から24カ国に増加。決勝に勝ち進めば、最大で7試合を戦うことになる。かつてない長期戦となるが、森保監督は「成長しながら7戦目までいくということは、話してきました。コンディションを大会とともに上げていき、そういう結果を出せればと思います」と、意気込んだ。

 30日には流通経済大との練習試合を組んでいるが、UAE入り後も練習試合を組む予定。徐々にコンディションを上げながら、タイトルを目指していくチームの鍵は、どれだけ“成長”できるかだと森保監督は強調する。

「大会を通して経験値を上げていく部分でも成長だと思いますし、チームの戦術浸透、お互いのコンビネーションの部分も上げていかなければいけません。常に上を目指して、クオリティを高めてやっていかなければいけないと思います。それは、アジアカップだけではなく、日本代表として、私が監督をしてから『これでOK』というのはないと思いますし、いろいろな波はあると思いますが、より高みを目指してやっていきたいと思います」

>>【PR】年末はDAZNで『GIANT KILLING』! アニメ全26話一挙配信決定!

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング