「過去を水に流せる」 バルサ監督、「ほんの数カ月前」の屈辱からリベンジに満悦

バルセロナのバルベルデ監督【写真:AP】
バルセロナのバルベルデ監督【写真:AP】

昨季4-5で敗れたレバンテに5-0と完勝 無敗記録ストップのリベンジを果たす

 バルセロナは現地時間16日に行われたリーガ・エスパニョーラ第16節でレバンテと対戦し、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシがハットトリック&2アシストと全てのゴールに関与する圧倒的なハイパフォーマンスで5-0と大勝した。

 前半35分、バルサが敵陣高い位置でボールを奪うと、メッシがドリブル突破を開始。複数人を引きつけ、視野が確保できていないように見える角度でショートクロスを送り、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスにピタリと合わせて先制した。

 それ以降はメッシの圧倒的な決定力が唸りを上げる。前半43分にスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツのスルーパスを受けると、スムーズな持ち出しから右足で追加点をゲット。後半2分はスペイン代表DFジョルディ・アルバのパスをスアレスがスルーし、メッシが左足で決めてこの日2点目。そして、後半15分にはチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルの折り返しを難なく決めてハットトリックを達成した。後半43分には攻撃参加した元スペイン代表DFジェラール・ピケのゴールをアシストし、ゴールショーを締めくくった。

 バルサは今年5月、リーグ優勝を果たした昨季の第37節レバンテ戦で4-5の黒星を喫し、無敗優勝の可能性が潰えるとともに、2016-17シーズンから続いていた無敗記録が「43」でストップした。そのレバンテを相手に5得点で圧勝し、昨季のリベンジを遂げたエルネスト・バルベルデ監督は、試合後の記者会見で喜びの言葉を述べている。衛星放送「ユーロスポーツ」が伝えた。

「昨年、我々はシーズンを通して一度も負けていなかったのに、ここで5失点を喫した。だからハッピーだよ。ほんの数カ月前のことだが、彼ら(バルサ)は素晴らしいシーズンを送っているし、それを証明してきた。昨年のことは忘れていないが、過去を水に流し、無失点でここを去ることができる」

 また、「特に試合の立ち上がりはそれほど簡単ではなかった」と試合を振り返り、先制点を挙げられたのは「幸運だった」と振り返っている。その一方、3ゴール2アシストの働きを見せたエースFWメッシについては、「素晴らしいゴールをもたらしてくれる選手」と手放しで称賛していた。

>>【PR】UEFAチャンピオンズリーグ&ヨーロッパリーグの「大会情報・日程・視聴方法」をチェック!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング