復帰間もないネイマール ブラジル代表合宿中に右膝を痛めて一時離脱か

復帰後2週間で再び戦線離脱!?

 ブラジル代表FWネイマール(バルセロナ)がアメリカのニュージャージー州で行われている代表合宿を右膝痛で一時離脱した。スペイン地元テレビ局「TV3」が報じている。
 セレソンの背番号「10」で主将の重責を担うネイマールは、2日の代表練習で20分間シュート練習を行った後、右膝を抱えてピッチを去った。チームドクターと理学療法士の診断を受けたエースに対し、ドゥンガ監督は練習でリスクを冒さずに、休むように伝えたという。ネイマールはおたふく風邪で長期離脱していたが、2週間前に復帰し、8月29日のマラガ戦で今季初出場したばかりだった。
 ブラジル代表は5日にニュージャージー州のコスタリカ代表と、8日にマサチューセッツ州でアメリカ代表と親善試合を行う予定だ。一方、南米選手権チリ大会コロンビア戦で退場処分となっているネイマールは10月のロシア・ワールドカップ南米予選チリ戦とベネズエラ戦の2試合に出場停止となっている。

【了】

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

ランキング