メッシ、グリーズマン粉砕の“幻惑ドリブル”にファン熱狂 「彼はどこへ消えたんだ?」

メッシ(左)がグリーズマン(右)を華麗なテクニックで翻弄【写真:AP】
メッシ(左)がグリーズマン(右)を華麗なテクニックで翻弄【写真:AP】

アトレチコ戦でフィリペ・ルイスに続いてグリーズマンも華麗なテクニックで翻弄

 バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、現地時間24日に行われたリーガ・エスパニョーラ第13節アトレチコ・マドリード戦(1-1)でブラジル代表DFフィリペ・ルイスを相手に、鮮やかな”バックヒール股抜き”を決めて話題をさらった。しかし、別シーンではフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンも鋭い切り返しでいとも簡単に置き去りにしており、英メディアは「グリーズマンをフランスに送還した」「何が起こったんだ? 彼はどこに消えたんだ?」といったツイッター上の反響を紹介している。

 メッシは10月20日のリーグ第9節セビージャ戦(4-2)で右腕を骨折。全治3週間の診断を受けて2試合を欠場し、11月11日の第12節ベティス戦(3-4)で復帰した。アトレチコとの一戦が戦列に戻って2試合目となったが、強豪相手に格の違いを見せつけた。

 0-0で迎えた前半21分、バルセロナはフランス代表DFサムエル・ウムティティが、インターセプトして前線へキック。メッシは右サイドのタッチライン際で頭で一度弾くとプレッシャーをかけにきたアトレチコのブラジル代表DFフィリペ・ルイスを腕でガードしながら、落ちてきたボールを左足かかとでヒット。股下を抜くと同時に自身もくるりと反転して相手を置き去りにした。

 華麗なバックヒールでの股抜きは世界中で大きな反響を呼んだが、この試合でメッシの“餌食”となったのはフィリペ・ルイスだけではなかった。その10分後、中央でボールを受けたメッシはプレッシャーをかけに来たアトレチコのスペイン代表MFコケをかわすと、待ち受けていたグリーズマンを鋭い切り返しで置き去りにしてみせた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング