ウルグアイ代表カバーニ、同僚ネイマールに衝撃キック 「あわや足首破壊」の一枚に反響

パリ・サンジェルマンFWカバーニ【写真:AP】
パリ・サンジェルマンFWカバーニ【写真:AP】

CLナポリ戦の開始1分、ネイマールがシュートも… 後方からカバーニが足首キック

 パリ・サンジェルマン(PSG)は、現地時間24日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節ナポリ戦で2-2と引き分けた。終了間際に劇的同点ゴールを叩き込んだアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが脚光を浴びている一方、16日の日本代表戦に出場したPSGのウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニが、同僚のブラジル代表FWネイマールにまさかの形でキックをお見舞い。決定的瞬間を捉えた一枚に海外メディアが「驚愕」「あわや足首破壊」と伝えている。

【PR】今なら初月無料登録実施中のDAZNが、今季からCL・ELも放送することご存知ですか?

 序盤にカバーニが決定機を逃した一方、前半29分にカウンターからイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェに被弾。0-1と劣勢のPSGだったが、後半16分にオウンゴールで同点に追いつく。しかし、同32分にベルギー代表FWドリース・メルテンスに決められて再びリードを許した。だが後半アディショナルタイムにディ・マリアが圧巻のミドルシュートを叩き込み、辛うじて引き分けに持ち込んでいる。

 PSGにハプニングが起きたのは開始1分だった。右サイドを打開したフランス代表FWキリアン・ムバッペが中央にパス。中央で待ち構えたネイマールがシュートを放つが、同じコースに入り込んでいたカバーニも背後からスライディングシュートを狙っていた。カバーニのキックは図らずもネイマールの左足首を直撃し、被害を受けたネイマールは悶絶。ピッチ脇に倒れ込む事態となった。一時離脱したネイマールだが復帰し、そのままフル出場を果たしている。

 カバーニは16日の国際親善試合・日本戦(3-4)にウルグアイ代表として出場し、1ゴールをマーク。試合後には通路で日本人選手に対する紳士的な対応を見せていたが、この日は同僚ネイマールを蹴ってしまい、左足首を捉えた瞬間の写真が拡散して海外メディアが反応している。

【PR】世界中の珠玉のプレーが今ここに。ヨーロッパサッカー見るならDAZN!


今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング