“Xデー”は2020年!? メッシにバルサ退団の可能性浮上、“エリートクラブ以外”が条件か

バルサFWメッシ【写真:Getty Images】
バルサFWメッシ【写真:Getty Images】

2021年までバルサと契約を結び、クラブ幹部は延長契約を望むもエースの決断は…

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、2004年のトップチームデビュー以来、バルセロナ一筋を貫いている。そんな偉大な生え抜きに、2020年にフリートランスファーで退団する可能性が浮上しているという。英紙「ザ・サン」が報じた。

【PR】Jリーグや海外リーグ戦だけじゃない!マルチ画面型視聴者参加サッカー実況番組『J.ZONE PLUS』もどうぞ!

 記事では、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」の報道内容を引用。メッシはバルサと2021年まで契約しているが、クラブ幹部は最低でも1年の契約延長を望んでいるという。

 現在、メッシには6億1600万ポンド(約908億円)の契約解除金が設定されており、事実上の“非売品”となっている。ところが、以前から最高のレベルで競争できなくなるまではスペインでプレーしたいとの意向を表明。現行契約に“特別な契約解除条項”が付帯しており、「エリートクラブでないこと」を条件にフリーで2020年に退団できる内容になっているようだ。

 果たして、メッシはどのような決断するのか。スーパースターの去就に世界が注目している。


(Football ZONE web編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング