名手イニエスタは「全く崩れない」 旧知の相棒が明かす、希代のゲームメーカーの極意

ヴィッセル神戸のスポーツパフォーマンスアドバイザーを務めるエミリ・リカルト氏【写真:高村美砂】
ヴィッセル神戸のスポーツパフォーマンスアドバイザーを務めるエミリ・リカルト氏【写真:高村美砂】

「ボディーバランスの良さ」がピッチ上で最大限に能力を発揮する一番のファクター

 そうして持ち得る技術を最大限に発揮できる環境で自身を磨き、イニエスタは世界中のサッカーファンにその名を知られるようになっていった。しかし、「若い時からその人間性も、サッカーへの向き合い方も変わっていない」とエミリは言う。と同時に、それこそが今も彼が偉大な選手であり続ける理由だと――。

「アンドレスの人間性は、今現在まで続いているサッカー選手としての素晴らしいキャリアを築くうえで非常に重要だったと思います。これはおそらく幼少の頃から育んできたものだと思いますが、彼はいつ、どこにいても常にサッカーに対して、また自分の体に対して、真摯な姿勢で向き合ってきました。若い時に怪我を含めていろんなことを経験してきたなかで、その都度進化を求めてきたことが、30代に突入してからもプレーの質を落とさずに……むしろ、20代以上に安定をもたらしているようにも感じます。

 また、その安定を裏付ける要素の一つに、彼のボディーバランスの良さが挙げられます。プレー中の彼の姿勢の良さは見ての通りで、それは10〜11歳の、バルサのラ・マシア(下部組織)でプレーしていた時代から育んできたものですが、彼は常にグラウンドを広く捉えられる視界を保つために、体の向き、姿勢をすごく大事に考えてプレーしています。そうすることで、4〜5つ先のプレーを想像してボールを受け、パスを出すことができるからです。それらも、彼が自身の能力を最大限にピッチ上で発揮するうえで、不可欠なものだと言えるでしょう」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング