スーパースターと“生きていく”意味 C・ロナウドがユベントスに突きつけた難題

ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】
ユベントスFWクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

最高級素材をチームに組み込む難しさ

 この夏、レアル・マドリードからユベントスに移籍したクリスティアーノ・ロナウドは、徐々にペースをつかみ始めている。

 セリエAを7連覇しているユベントスにとって、ロナウドが戦力として必要だったかは疑問だ。ただ、ロナウドはもはや一人のスタープレーヤーではなく、「ブランド」にほかならない。ユベントスはロナウドと組んだ新しいプロジェクトをスタートさせたわけだ。

 ロナウドはスーパースターだけれども、決して器用な選手ではない。どのポジションでもどんな役割でもこなせるわけではなく、左ウイングか2トップとしての起用になる。1トップとして相手を背負ってプレーするのは得意ではないし、右ウイングはできるはずだが、おそらく本人がやりたがっていない。右利きなので、左側にいた方がシュートを打ちやすいからだろう。

 最高級のマグロを仕入れて煮て食う奴はいない。最高の素材は、本来の味を引き出すに限る。ただ、サッカーは11人でやるものだ。全員に最適な役割とポジションを与えるのは難しい。ロナウドという最高級素材を組み込めば、周囲には必ず割を食う人も出てくる。

 まずロナウドのポジションと重なる選手はベンチに座るか、別のどこかに移動することになる。幸いにもマリオ・マンジュキッチは、左サイドからセンターに移ってもなんの問題もないFWだったが、右からのクロスボールをファーサイドで待つ得意な形に持っていくと、いつもロナウドとポジションが重なる。ただ、彼の問題はこれだけだ。

 パウロ・ディバラは居場所が見つかっていない。1トップでも2トップでも、トップ下のポジションは確保されている。しかし、ボックス内はマンジュキッチとロナウドが占拠しているので、入り込むスペースを見出しにくくなっている。ディバラを右サイドで起用して「メッシ」にすると、今度はフアン・クアドラードのポジションがなくなる。クアドラードは右サイドバックとして新境地を開拓中だが、本来は右ウイングの選手だ。現在は出場停止中のドウグラス・コスタもやがて戻ってくる。そして、これらのアタッカーを全員起用するのは不可能だ。


page1 page2

西部謙司

1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング