「なんてこった」の衝撃 元伊代表FWの“空中バックヒール弾”に反響「クレイジー」

サンプドリアのFWファビオ・クアリアレッラ【写真:Getty Images】
サンプドリアのFWファビオ・クアリアレッラ【写真:Getty Images】

サンプドリアの35歳FWクアリアレッラが美しい一撃に称賛の嵐「必見」「幻想的」

 イタリア1部のサンプドリアは2日、セリエA第3節の敵地ナポリ戦で3-0と完勝した。35歳の元イタリア代表FWがダメ押しの3点目を叩き込んだが、美しい“空中バックヒール弾”が反響を呼び、海外メディアも「必見!」「クレイジー」「幻想的」と称賛の嵐となった。

 試合はサンプドリアが序盤から優勢に進めた。FWグレゴワール・デフレルが前半11分、32分と続けてゴールを奪い、ホームチームが2-0で前半を折り返す。そして後半30分に会場が騒然となるスーパーゴールが生まれた。

 相手陣内の中央でFKを獲得したサンプドリアは、ゴール前にボールを供給。これは相手の壁に跳ね返されるも、こぼれ球を拾って右サイドからクロスを入れる。これに反応したのが、イタリア代表25試合7ゴールのキャリアを持つFWファビオ・クアリアレッラだ。エリア内に走り込むと、相手ゴールに背を向けた状態で足元にボールが入る。ここで円熟のストライカーは良い体勢でのシュートが不可能と判断。相手マーカーに付かれながらもジャンプし、股下にボールを通して空間を生み出し、かかとに当てる巧みなシュートでネットを揺らした。

 鮮やかなゴールに会場のボルテージは最高潮となり、試合もサンプドリアが3-0と勝利を収めている。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は「クレイジーなゴールを決め続ける不滅のアタッカーだ」と称えれば、オランダサッカー専門サイト「Voetbalprimeur」も「必見」と言及。そのインパクトは大きく、アイルランドスポーツ専門メディア「BALLS.IE」も「なんてこった! クアリアレッラが素晴らしい一撃」と絶賛し、ポルトガル紙「レコルド」も「幻想的なヒール弾」と伝えた。

 かつてナポリでもプレー経験があるクアリアレッラだが、古巣戦で存在感を誇示する圧巻の一撃を決めて脚光を浴びているようだ。

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング