「喜べない試合」 イニエスタ、圧巻の2戦連続ゴラッソも無念の引き分けに反省

神戸MFイニエスタは、勝利できなかったことに満足しなかった【写真:Getty Images】
神戸MFイニエスタは、勝利できなかったことに満足しなかった【写真:Getty Images】

バルサ時代にも滅多にお目にかかれないゴラッソで同点も…「勝ち点3を獲れなかった」

 元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは2戦連続となるスーペルゴラッソを挙げても、首位相手に勝利できなかったことに満足しなかった。15日のJリーグ第22節、ヴィッセル神戸対サンフレッチェ広島の前半17分に同点ゴールを決めたイニエスタは、1-1の試合終了後のフラッシュインタビューに答え、勝利への意欲を語った。

マリノス大津&山中コンビをレベルアップさせたレイソル若手コンビ秘策のリフティングチャレンジとは?

 試合は前半15分、広島のエースFWパトリックのゴールで神戸が1点ビハインドとなる展開に。しかしその2分後、イニエスタがワールドクラスの実力を再び示した。元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキのパスが跳ねたところを正確なトラップでペナルティーエリア外やや左で収めると、対峙したMF川辺駿らマーカー二人をわずかなボディーフェイントで逆を取る。

 そして、カバーに入ったDF野上結貴も交わして右足を一閃。痛烈な弾道となった一撃はゴール左上へと突き刺さり、同点ゴールをゲットした。バルサ時代もなかなかお目にかかれなかったほどの会心のゴールに、普段は冷静なイニエスタも渾身のガッツポーズを見せた。

「このゴールには満足しています。だけど、チームとして勝ち点3を獲れなかったということで喜べない試合だったかなと思います。それでもチームはこんなに難しい相手に対して良いプレーをできていたと思います」

【PR】DAZNの画質がクリアーに!生だけでなく、見逃し配信も各試合お楽しみに!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング