イニエスタ悶絶、柏FWのタックルに海外衝撃 「なんてキックだ」「あわや足首を破壊」

神戸MFイニエスタは、柏FW伊東のタックルを受けた【写真:Getty Images】
神戸MFイニエスタは、柏FW伊東のタックルを受けた【写真:Getty Images】

柏戦でイニエスタが移籍後初先発し1-0勝利に貢献 後半早々に接触プレーで一時中断

 ヴィッセル神戸は、28日に行われたJ1リーグ第18節の本拠地柏レイソル戦で1-0と勝利。今夏バルセロナから神戸に加入した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは移籍後初先発を飾り、後半37分までプレーして勝利に貢献した。存在感を示したイニエスタだが、後半6分に相手のタックルを受けて悶絶。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」アルゼンチン版は、「もっとリスペクトを」「足首を破壊しかけた」と驚きをもって伝えている。

【PR】J.ZONE PLUSがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

 前節湘南ベルマーレ戦の後半途中から投入されてJリーグデビューを果たしたイニエスタは、この日の柏戦で初のスタメン出場。古巣バルサの基本形と同じ4-3-3システムを神戸が採用し、期待の新司令塔はインサイドハーフでプレーした。前半から積極的に攻撃の姿勢を見せたスペイン人プレーメーカーは、随所にテクニックの高さを披露。華麗なトラップをはじめ、混戦からのミドルシュートなどで存在感を示した。

 そんなイニエスタが、後半6分にピッチに倒れ込むアクシデントが起きている。神戸GKキム・スンギュがグラウンダーで縦パスを送り、ハーフウェーライン付近でボールを受けたイニエスタが、そのままドリブルで敵陣へと侵入。後方から寄せに来た柏FW伊東純也との1対1となり、フェイントでかわしにかかる。伊東が抜かれまいとして体を寄せつつ足を伸ばして二人が交錯。そのままピッチに倒れ込んだイニエスタは苦悶の表情を浮かべながら、一時中断を求めるように片手を振って主審にアピールした。

 右ふくらはぎと左足首を気にする素振りを見せており、接触と転倒時に痛めたようだ。味方をはじめ、伊東ら柏の選手も心配そうに眺めるなか、試合は約1分半にわたり中断。イニエスタが痛そうな表情を浮かべつつも立ち上がり、幸いにもプレー続行となった。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング