ネイマールの“演技”にリトバルスキーが苦言 ドリブラーの心情理解も「あれはやりすぎ」

ネイマールの“過剰演技”にリトバルスキー氏が苦言を呈している【写真:Getty Images】
ネイマールの“過剰演技”にリトバルスキー氏が苦言を呈している【写真:Getty Images】

元西ドイツ代表の名ドリブラーも嘆く、ブラジル代表10番の現状

 1カ月にわたって熱戦が繰り広げられたロシア・ワールドカップ(W杯)は、フランスの20年ぶり2回目の優勝で幕を閉じた。数々の印象深いスーパープレーが生まれた一方、ブラジル代表FWネイマール(パリ・サンジェルマン)は意外な形で世界的な注目を集めてしまった。

 W杯を彩るスーパースターの一人としてロシア大会に臨み、華麗なプレーに期待が集まったが、チームは準々決勝でベルギーに1-2で敗れて敗退。ネイマール自身は5試合で2得点1アシストの成績よりも、主審の目を欺く“過剰演技”ばかりが注目された。ピッチで大袈裟に痛がる姿は「ネイマール・チャレンジ」として、SNS上で世界的に流行している。

 なぜ、稀代のクラッキは“過剰演技”を繰り返し、批判されるのか――。ブラジル代表エースが陥る負の連鎖を、現役時代に「世界最高のドリブラー」と呼ばれた元西ドイツ代表MFピエール・リトバルスキー氏が分析してくれた。

「ネイマールは批判されています。彼のドリブルは素晴らしい。マーカーはファウルで止めようとします。自分も現役時代に数え切れないほどDFに蹴られました。彼も自分自身を守る必要があります。しかし、あれはやりすぎです」

 現在ヴォルフスブルクのスカウト部長を務めるリトバルスキー氏は、単独取材でこう語ってくれた。現役時代は独特のダブルタッチを駆使したドリブルでマーカーを華麗に抜き去ったリトバルスキー氏も、相手からファウルを受ける対象だった。変幻自在のドリブルを駆使するネイマールもマーカーのターゲットになっていると同情していたが、ピッチ上で繰り広げる大袈裟な演技には眉をひそめていた。

「バランスというものが物事では重要です。相手のディフェンダーは彼に何度もキックする。だが、蹴られる数が多い理由には、演技をする回数の多さがある。たいして触ってもいないのに吹っ飛ぶと、相手も当然ネガティブな気持ちになります」

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「日本の忍者」 ブライトン三笘、空中にボールを浮かす華麗ドリブル 鮮烈デビューに現地ファン激賞「スーパーな選手だ」

  2. 「すげぇ!!!!!!」「えぐ。。」 シュツットガルト遠藤航、ワールドクラスの“弾丸ミドル弾”で今季初ゴールに反響拡大

  3. 「なんて選手だ」 なでしこ長谷川唯“圧巻20mFK弾”に海外喝采、GK無力化のスーパーゴール「信じられない」

  4. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  5. フランクフルト鎌田、今季初スタメン&初ゴール! 高速カウンターから見事な一撃、味方と歓喜の抱擁

  6. シュツットガルト遠藤航、“弾丸ミドル弾”で今季初得点 海外メディア絶賛「凄まじい一撃」「対応できない強烈なミドル」

  7. 「美しい」「完璧だ」 メキシコ代表の新ユニフォーム、“石細工”モチーフのユニーク流出デザインを海外絶賛「W杯のベストキット」

  8. 「三笘は何者?」 鮮烈デビュー戦、英代表DF翻弄の美技&切り返しに海外驚嘆「本当に衝撃的」

  9. 「オーバーオール可愛い」 鮫島彩、大自然で“農業女子”コーデに大変身「凄くお似合い」「素敵」

  10. 「即座にファンを席から立たせた」 衝撃デビューの三笘薫、地元メディアがチーム最高タイの高評価