W杯決勝誤審疑惑、元スペイン代表が指摘 ウルグアイ代表スアレスも同調「君が正しい」

W杯決勝での誤審騒動にカシージャス(左)とスアレス(右)が言及している【写真:Getty Images】
W杯決勝での誤審騒動にカシージャス(左)とスアレス(右)が言及している【写真:Getty Images】

GKカシージャス、グリーズマンのFK獲得に疑惑の視線「実際には何も起きていないのに」

 現地時間15日のロシア・ワールドカップ(W杯)決勝でフランスが4-2でクロアチアに勝利し、母国開催となった1998年大会以来の栄冠に輝いたが、前半18分のオウンゴールによる先制点に世界屈指の名手が疑惑の視線を浴びせている。

 アルゼンチン人主審ネストル・ピタナ氏の判定にツイッターで疑惑の声を上げたのは、元スペイン代表のポルトGKイケル・カシージャスだった。

「正直なところ、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の運用法について自分は理解できていない。レフェリーはグリーズマンのファウルではないところでファウルを認定し、フランスのゴールは起きてしまった。実際には何も起きていないのに」

 フランスは前半18分、FWアントワーヌ・グリーズマンが中央やや右サイドの25メートルほどの位置でFKを獲得した。主審はファウルを言い渡したが、相手との接触はわずか。アメリカで生中継していた衛星テレビ局「FOX」の解説者は「グリーズマンのダイブ」と批判。ツイッターでも世界のサッカーファンが「恥ずかしいダイブ」と断罪していたが、元イングランド代表FWアラン・シアラーもファウルではなく、グリーズマンの演技と指摘していた。

 ファウル判定でFKを獲得したグリーズマンは自らFKを放つと、クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチが触り、そのままオウンゴール。フランスの先制点が生まれ、結果的にこの一撃が試合の流れを左右した。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング