W杯決勝、20年ぶりの優勝目指すフランスが2-1とクロアチアをリード VARでPK判定

フランス代表FWグリーズマンが勝ち越しとなるPKを決め、2-1で前半を終えた【写真:Getty Images】
フランス代表FWグリーズマンが勝ち越しとなるPKを決め、2-1で前半を終えた【写真:Getty Images】

フランスがOGで先制、ペリシッチの一撃でクロアチアが追いつくも、グリーズマンがPK弾

 世界の頂点を決めるロシア・ワールドカップ(W杯)決勝でフランス代表とクロアチア代表が15日に激突し、フランスが2-1とクロアチアをリードして前半を終えた。

 20年ぶりの優勝を目指すフランスと初優勝を狙うクロアチアの一戦は、互いにベストメンバーを揃えた。決勝トーナメント3戦全て90分で勝利して中4日のフランスと、3戦全て延長戦を戦い中3日のクロアチアという顔合わせになったが、序盤はクロアチアがペースを握り、小気味良いパスワークからフランスゴールに迫った。

 しかし、フランスは得意のセットプレーでゲームを動かした。前半18分、FWアントワーヌ・グリーズマンが中央やや右サイドの25メートルほどの位置でフリーキックを獲得すると、自ら中央に合わせるボールを蹴り込んだ。これがクロアチアFWマリオ・マンジュキッチの頭に当たってコースが変わってゴールへ。準決勝イングランド戦(2-1)の延長後半で決勝点を挙げたストライカーが、まさかの形で先制点を献上してしまった。

 フランスはこれで、決勝トーナメントの4試合全てでセットプレーからゴールを奪った。一方のクロアチアは、4試合連続で先制点を与える試合展開になった。

 しかし、クロアチアもすぐさま反撃に出た。同28分、ゴール正面の35メートルほどの位置でフリーキックを得ると、MFルカ・モドリッチはゴール前ではなく右サイドに展開。中央に折り返したボールをマンジュキッチが頭でつなぐと、ボールを受けたMFイバン・ペリシッチはトラップで相手をかわして左足を一閃。これがゴール右に突き刺さり、1-1の同点ゴールになった。

 そして、決勝の舞台でビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が存在感を発揮する場面が訪れた。同35分、フランスのコーナーキックをニアサイドでペリシッチがクリアしたが、ハンドがあったというVARの進言で映像が確認された。アルゼンチン人主審ネストル・ピタナ氏はPKと判定し、フランスに大きなチャンスが訪れた。これをグリーズマンがゴール左に流し込み、フランスが再び1点リードし、2-1として前半を終えた。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング