「すべてにおいて手本」「永遠に忘れない」 C・ロナウド退団、レアル同僚から惜別の声

アセンシオら若手に与えた影響「一緒にプレーできたことは喜び」

 09年にマンチェスター・ユナイテッドからレアルに加入した時点でも、すでにスター選手としての地位を確立していたロナウドだったが、この9年間で絶対的な存在へと上りつめた。そしてその圧倒的なプレーや、ストイックに自己を磨き続ける姿は、他の選手にも大きな影響を与えており、レアルで飛躍を遂げ今やブラジル代表に不可欠な選手となったMFカゼミーロは、「君と一緒に学び、楽しみ、勝った。僕の友達よ、すべてのことに感謝する」とコメント。また次代のチームの中核を担う22歳のスペイン代表MFマルコ・アセンシオは、「一緒にプレーできたことは喜び。すべてにおいて手本だった」と記し、20歳のフランス人DFテオ・エルナンデスも「世界最高の選手の隣でプレーできたのはかけがえのない時間」と、“背番号7”は若手にも大きな影響を与える存在だったようだ。

 一時代の終焉を迎えた“白い巨人”。数多くのタイトルをもたらした絶対的エースの旅立ちに、誰もが感謝の言葉を記していた。

(Football ZONE web編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング