本田は「豪華なジョーカー」 仏紙が代表引退レフティーの“ラストW杯”を総括

代表引退を表明した本田にとって最後のW杯となったが、フランスメディアは「豪華なジョーカー」と総括している【写真:Getty Images】
代表引退を表明した本田にとって最後のW杯となったが、フランスメディアは「豪華なジョーカー」と総括している【写真:Getty Images】

史上6人目の3大会連続ゴール&アシストを記録するなどスーパーサブとして奮闘

 日本代表はロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト16の結果を残し、5日に帰国した。代表引退を表明したFW本田圭佑(パチューカ)にとって最後のW杯となったが、フランスメディアは背番号4を「豪華なジョーカー」と総括している。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

「ケイスケ・ホンダとマコト・ハセベが代表引退」と報じたのは、フランス紙「レキップ」だった。

 今大会はトップ下にMF香川真司、右サイドにMF原口元気、左サイドにMF乾貴士が起用され、本田はベンチスタートに回った。グループリーグ初戦のコロンビア戦(2-1)ではコーナーキックからFW大迫勇也の決勝ゴールをアシスト、続くセネガル戦(2-2)でも乾のアシストからチームを敗戦から救う同点ゴール。史上6人目となるW杯3大会連続ゴール&アシストを記録するなど、スーパーサブとしてチームの躍進を支えた。

「パチューカのウインガーは3度目のW杯で豪華なジョーカーの役割を果たした」

 記事では、こう本田のパフォーマンスについて伝えている。日本代表歴代トップとなるW杯4得点という記録を残し、本田はキャプテン長谷部とともに代表の舞台を去ることになる。

【PR】初月は無料期間! DAZNの見逃し配信で最新試合をチェック!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング