大迫勇也、悪夢の逆転負けに感じた課題 「2点取ってからの試合運びが良くなかった」

大迫がベルギー戦悪夢の逆転負けに課題を口にした【写真:Getty Images】
大迫がベルギー戦悪夢の逆転負けに課題を口にした【写真:Getty Images】

原口、乾のゴールでリードを奪うも後半アディショナルタイムにまさかの被弾

 大迫勇也は勝てる試合だと感じていたからこそ、本気で悔しがった。日本代表は現地時間2日、ロシア・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦ベルギー戦で2-3と逆転負けを喫した。FIFAランキング3位の強豪を追い詰めたものの、試合後のインタビューでは「本当に悔しい」と繰り返した。

【PR】J.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

「ちょっと今難しいというか、本当に悔しいですし、2点取ってからの試合運びが良くなかったと思います」

 この日も1トップでプレーした大迫。ベルギーの屈強なセンターバックに囲まれる場面が目立ったが、得意のポストプレーでファウルを受け、味方の動き出しを作る時間を作った。MF原口元気、MF乾貴士の連続ゴールでベスト8への道筋が見えたが、その後はベルギーの猛攻を浴びた。

「引きすぎずに前に行こうと声をかけ合ってましたけど、後ろに重心がかかってしまって、ミスができたと思います。1点取られて流れが傾いたのは事実でしたし、1点取られて相手に流れが傾いてしまったのは事実ですし、2-0のままもっとキープすることを意識するべきだったと思います」

 このように振り返った大迫は、「正直、本当に悔しいですし、サポーターも応援して下さったすごくパワーをもらって、こういう結果になったのは申し訳ないです」と締めた。

 それでも、グループリーグ初戦コロンビア戦(2-1)での決勝ゴールを筆頭に、“半端ない”活躍を見せた新エースを称えないファンはいないだろう。

【PR】マルチ試合観戦スタイルJ.ZONEがサッカー視聴を進化させる!DAZN無料登録実施中!

(Football ZONE web編集部)

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング